写真:gettyimages

写真拡大

11日にあるTwitterユーザーが紹介した、2年前のブログに注目が集まっている。

紹介されたブログは、10年間続けたベジタリアンブログの著者が「菜食は身体に悪い」と言い始めた内容だった。

このツイートの元になっているブログで、ブログ主が設けているのが「僕が菜食をやめた理由」というカテゴリーの記事。ブログの著者はそこで菜食をなぜやめたのか綴っていた。

著者は22歳から31歳まで、ほぼ完全菜食主義を続け、摂取カロリーの99パーセント以上を植物から摂取してきたという。また白砂糖は食べず、無農薬や減農薬の野菜や米、また無添加の調味料を選んでいたのだそうだ。

ところが菜食主義にした5年目から、大量に汗をかくと腕や背中に発疹ができるようになり、また、汗は加齢臭のような臭いがするようになったらしい。さらに砂糖を摂っていないにもかかわらず、虫歯になる頻度が上がったという。そして体力の低下を感じていたとういことだった。

だが、フェイスブックである歯科医が投稿した菜食主義を批判する文章を読み、また、人類の700万年の歴史の中で穀物を栽培して食したのは1万年という指摘を考えた末、菜食主義をやめたのだそうだ。すると、著者は「劇的な体調の好転」を感じたという。

空腹感や歯の痛みが消え、汗の臭いがなくなり、ゴムアレルギーが治ったのだとか。また、扁平足にアーチができ、睡眠時間が少なくてもすむようになったという効果もあったそうだ。さらに、筋肉が増え、腰痛が起きることも少なくなり、おならの数も減り、髪も柔らかくなったらしい。

そして肉食にした直後、足のスピードが速くなって、足取りも軽くなったと振り返る。また、一番うれしかったことは「心が穏やかになった」のだそうだ。著者は、これまでの食生活を「全部間違ってました」と振り返り、「偏食による栄養失調」だったと反省していた。

【関連リンク】
しあわせごはんとおやつneem(旧)

【関連記事】
アンサイクロペディアの東日本大震災記事「あくまで普通の日」に反響
就活生は実名アカウントがないのも問題? 「なんて時代だ」と嘆く声に反響
生理前の女性の状況を表現した言葉に反響「手負いの獣」