写真提供:マイナビニュース

写真拡大

デンソーウェーブは3月13日、スカラロボット「HSシリーズ」の特長を継承し、さらなる速度・精度向上を実現した「HS-A1シリーズ」を2017年5月より発売すると発表した。

同シリーズは、新型コントローラ「RC8A」の採用によりモータの性能を最大限に引き出すことが可能となったことから、標準サイクルタイムが従来比20%向上となる0.29秒を実現したという。

また、アームの状態を動的に制御に反映させることで、アーム先端を短時間で制振させ、高速搬送時の精度を向上。さらに、従来機種同様、天吊タイプ・防塵防滴タイプ・クリーンタイプ・UL仕様をラインアップしたほか、Z軸ストローク100mm・150mmを追加し、さまざまな設置環境での自動化を可能としている。

(小林行雄)