写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マツダは3月13日、2017年度中に同社が日本で販売するほぼすべての新世代商品に対し、先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備化することを発表した。

今回標準化される装備は、日常で起こり得る事故の未然防止と被害軽減を目的とした「衝突被害軽減ブレーキ」、オートマチック車のペダル踏み間違いによる事故を低減する「AT誤発進抑制制御」、車線変更時に斜め後方に存在する車両を知らせる「BSM(ブラインド・スポット・モニタリング)」、駐車場などでの後退時に横から近づく車両を検知し接触の危険を知らせる「RCTA(リア・クロス・トラフィック・アラート)」の4つで、これにより同社はユーザーの安全・安心をより確実にサポートしていくとしている。

また同社では、今回標準化する装備以外にも夜間や長距離走行など、さまざまな利用形態に合わせた装備をすでに実用化しており、夜間の運転視界を確保するために配光を自動で最適状態に制御するヘッドライトや、中高速走行時にも作動可能な衝突被害軽減ブレーキ、車線逸脱警報システムといった先進安全技術を、ほぼすべての新世代商品でグレード別選択、またはメーカーオプションで選択可能としているとしており、今後も人間を中心に考えた安全技術の研究・開発に取り組んでいくとしている。

(小林行雄)