ドラッグストアやコンビニでも見かける“育毛”をウリにしたシャンプーや、育毛剤。キャッチコピーに目を引かれますが、正直どれが自分に合っているのか、選ぶのが難しいもの。薄毛に効くシャンプーや育毛剤の選び方をご紹介します。

シャンプーはアミノ酸系でやさしく洗うのが◯

薄毛が心配な人にとって、毎回のシャンプーで出る抜け毛や切れ毛は悩みのタネ。シャンプーをする目的は地肌や髪の汚れを落とすことですが、洗浄力が強すぎるシャンプーは地肌に負担がかかります。逆に、きちんと洗えていないと汚れが毛穴詰まりを起こし、健やかな髪の成長の妨げになります。

シャンプーには、大きく分けて「高級アルコール系」「せっけん系」「アミノ酸系」の3タイプがあります。薄毛が気になる人におすすめなのは、“刺激の少ないアミノ酸系で、やさしくしっかり洗う”こと。それぞれのシャンプーの特徴を知っておきましょう。

・高級アルコール系
大手スーパーやドラッグストアで販売されている、もっとも一般的な種類のシャンプーです。“高級”とありますが、価格は安く、泡立ち&香りがよいのが特徴です。界面活性剤にラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸アンモニウムなどが配合されているのがこのタイプ。頭皮が脂っぽい人に合う場合もありますが、これらは洗浄力が強いため、皮脂を落としすぎてしまい、さらに頭皮が脂っぽくなってしまうこともあります。

・せっけん系
高級アルコール系シャンプーとともに、大手スーパーなどで販売されています。環境にもやさしいのでナチュラル志向の製品コーナーに置かれる場合もあります。成分に、脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウムと表示があるのがこのタイプ。シンプルなタイプのシャンプーで洗浄力が高く、頭皮へのダメージが少ないのが特徴です。ただ、よく言えば洗い上がりスッキリ、逆に言えば髪のパサつきやごわつきが気になります。シャンプーの量が少ないと泡立ちが悪かったり、すすぎをしっかりしないとリンスがべたついたりと、使い方にコツが要ります。このタイプのシャンプーは、慣れるまで3ヶ月程度かかるという意見も。

・アミノ酸系
アミノ酸成分配合の、頭皮にやさしいシャンプーです。洗浄力が弱い分、刺激も弱いのですが、値段が高く、防腐剤が入っていないものも多いので腐りやすいという特徴も。ただ、頭皮や毛髪のことを考えると、アミノ酸系シャンプーがベスト。洗浄力が弱いという点は、シャンプーの仕方に気をつければ補うことができます。

アミノ酸系シャンプーを使った、髪にいいシャンプーの仕方

まず、髪が乾いた状態でブラッシングをし、髪を濡らします。はじめはぬるま湯でしっかり髪を洗いましょう。これで7〜8割の汚れは取れます。その後、シャンプーを手に取り、しっかり泡立ててから髪につけ、指の腹を使って頭皮を揉み上げるように洗います。すすぎは、シャンプーした時間の倍以上かけてしっかり行いましょう。襟足や耳のまわりは特に、すすぎ残しに注意します。
頭皮用のものでない限り、コンディショナーは頭皮につかないようにし、ぬめりがとれるまですすぎます。タオルドライで髪の水気をきったら、時間を置かずに髪をドライヤーで乾かしましょう。濡れたまま放置しておくと皮膚に雑菌が繁殖しやすくなり、薄毛の原因になります。

育毛剤は、成分により育毛へのアプローチが違う

さまざまなタイプの育毛剤が販売されていますが、製品ごとに育毛へのアプローチはさまざま。特に、薄毛になるメカニズムは男女で違うため、育毛剤の有効成分も異なります。

女性用の育毛剤の特徴は、栄養成分や保湿成分、イソフラボンなどの女性ホルモン様作用を期待したものが多く、男性用は皮脂分解成分、男性ホルモンの働きを抑える成分、血行促進成分などが主流です。よく育毛剤に使われる成分を効能別にご紹介します。

・血流を促す
血行不良になると、頭皮にある髪の元となる毛母細胞に栄養が届きません。そのため、育毛には血行促進が必須。成分は、男性向けにはミノキシジル、塩化カルプロニウム、ビタミンE、センブリエキスなどが、女性向けにはシャクヤクエキス、オタネニンジンエキス、トウガラシエキスなどが配合されます。

・ホルモンバランスに働きかける
男性の壮年期の脱毛症の主な原因は男性ホルモン。テストステロンという男性ホルモンの一種が、酵素の影響によってジヒドロテストロンという物質に変化し、これが発毛を妨げることがわかっています。そのため、男性ホルモンのバランスを保つ目的で使用されるのが、スピロノラクトンやホップエキス。テストステロンをジヒドロテストロンに変換させる酵素の働きを抑えるのが、フィナステリドなど。
女性用には、女性ホルモンのバランスを調整する作用のある甘草エキス、よもぎエキス、フラボステロンなどの成分が配合されています。

・栄養補給をする
体と同様に、栄養失調ぎみになると髪もやせてしまいます。髪の成長をうながす、栄養成分を補給するタイプの育毛剤です。栄養補給成分としては、ビタミンA、ビタミンB群、オトギリソウエキスなどがあります。

育毛剤は、お風呂でシャンプーをした後の、頭皮の汚れがすっきり落ち、毛穴が開いている状態の時につけると浸透しやすくなります。育毛効果を実感するには時間がかかるもの。最低でも6ヶ月くらいは続けて使用してみましょう。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと