「PDP-FHD10」

株式会社プリンストンは、ドキュメントカメラ「PDP-FHD10」を、2017年3月17日(金)に発売する。折りたたみ式の筐体設計で、持ち運んで使用することができるポータブルタイプのモデル。Windows 10 / 8.1 / 8 / 7(SP1)/ Vista(SP2)に対応し、最大で400×300mmまでの領域を撮影することができる。価格はオープン。本製品は、約800万画素の1/3.2インチCMOSセンサーと、光学10倍ズームレンズを搭載(デジタルズームは8倍)。ズームイン / ズームアウト操作は、付属のリモコンから行うこともできる。被写体との距離が2〜20cmの場合には、マクロモードでより鮮明な画像のキャプチャが可能。製品には3種類の顕微鏡アダプタも同梱されており、肉眼では見ることができない化学実験の推移なども投影できる。撮影できる静止画の解像度は最大で3264×2448pixels。HDMI / VGA / VIDEO出力などにも対応し、大画面TVやプロジェクター、パソコンの液晶ディスプレイといった外部機器と接続して使用することも可能だ。HDMI接続ではフルHD出力(1920×1080pixels / 60fps)に対応している。さらに、本体には約115MBの内蔵メモリのほか、最大32GBのメディアに対応するSD / SDHCカードスロットを用意。PCレスで市販のメモリーカードにデータを保存することもできる。使用時の本体サイズは379(幅)×621(高さ)×201(奥行)mm、収納時の本体サイズは379(幅)×114(高さ)×201(奥行)mmで、重量は約2080g。株式会社プリンストン
価格:オープン
URL:http://www.princeton.co.jp/
2017/03/13