ペク・ソンヒョン「ボイス」放送終了の感想を伝える…“集中して最善を尽くすことができた”(動画あり)

写真拡大

「ボイス」ペク・ソンヒョンが愛情たっぷりの放送終了の感想を伝えた。

OCNドラマ「ボイス」で、反転のアイコンとして強い存在感を示したペク・ソンヒョンが、撮影現場で切ない最後の挨拶を残した。

13日、所属事務所sidusHQ公式tvcastには放送終了の感想を明かすペク・ソンヒョンの映像が掲載された。

映像でペク・ソンヒョンは「これまで『ボイス』を愛してくださった皆さんの関心と愛情に心から感謝しています。その愛のおかげで無事に最後まで乱れず、集中して最善を尽くして作品に取り組むことが出来たと思います。監督やスタッフの皆さんにも感謝申し上げ、『ボイス』をご覧くださいました皆さんにも心からお礼申し上げます」と伝えた。

ペク・ソンヒョンはドラマでジニョク(チャン・ヒョク) を実の兄のように慕う“シム・デシク”刑事役で活躍と同時に、ジニョクが追っていた警察庁内の内部共謀者であることが明かされ、衝撃的な反転人物としてドラマの活気と面白さを吹き込み、ずっしりとした存在感で視聴者を魅了した。


※この動画はPCサイトのみの対応となります。