VICTON スビン、ファンサイン会で「アリス」のコスプレ!?“恥ずかしかった”

写真拡大 (全3枚)

ボーイズグループVICTONが歴代級のファンサービスでファンに思い出をプレゼントした。

VICTONは12日午後、汝矣島(ヨイド) IFCモールで2ndミニアルバム「READY」の発売記念サイン会を開きファンと会った。

現場にはVICTONを近くで見ようと早くから集まったファンをはじめ、数百人が殺到した。

この日のサイン会では、メンバーのスビンがファンのための特別なファンサービスを用意し、ファンを楽しませた。VICTONの公式ファンダムの名称“ALICE”を連想させるディズニーのアニメキャラクター「不思議の国のアリス」に扮して登場し、ファンから熱い歓声を引き出した。

これは、3月2日に行われたミニファンミーティングで罰ゲームに引っかかってしまったスビンが、ファンのための特別なファンサービスとして“アリス”の衣装を選んだ。“アリス”のトレードマークである青色のワンピースと白いエプロン、長い金髪のロングヘアまで完璧に着こなし、ファンから熱い反応を得た。

スビンは「ファンの方々のことを思いながら準備し、楽しかった。恥ずかしかったが喜んでいただけたのでもっと嬉しかった」と感想を伝えた。

VICTONは、ファンにホワイトデーを記念して準備したキャンディを配りながら、優しく挨拶をしたり、握手やアイコンタクト、ハートポーズなど、さまざまなファンサービスを行い和やかな雰囲気を演出した。

サイン会終了後VICTONは、早くから待ってくれたファンのためにタイトル曲「EYEZ EYEZ」のステージを披露し、VICTONの強烈なパフォーマンスにファンは熱烈な反応を送り、現場は熱狂的な雰囲気に包まれた。