iPhoneとAirPodsが見せてくれるのは近未来? IoTの世界がわかりやすく実感できるワケとは

写真拡大

今は、インターネットの普及で、いつでもネット利用できるようになり、スマートフォンが登場したことで、どこでも情報が入手できるようになっています。

そして進化を続けるスマートフォンにおいて、さらに一歩進んだ世界が来るように思えます。

それを感じたのが、アップルのBluetoothヘッドフォンAirPodsを使ったときでした。
AirPodsは左右分離型のヘッドフォンで、iPhoneとペアリングすることで、有線ヘッドフォンと同じように利用ができます。

本体のバッテリー駆動に合わせて、ケースに内蔵されたバッテリーにより、長時間の駆動が可能になっています。左右分離型のヘッドフォンは、バッテリーの持ち時間に欠点がありましたので、それを見事にカバーした作りになっている機器です。

AirPodsは、ヘッドフォンとして使いやすくなっているのですが、それ以上にユニークなのが、Siriとの連携です。

耳に付けたAirPodsを二回タップすることで、Siriを呼び出すことができます。
そしてAirPodsに内蔵されたマイクから、Siriに音声コマンドを送ることができます。

つまり、音楽を聴いている最中でも、本体を2回タップして、
「今日の天気は?」
と問いかけると、

AirPodsを通じてSiriが音声で
「今日の天気は晴れ」
と返答をしてくれるわけです。

実際には、ペアリングしているiPhoneのSiriを通じて、音声コマンドと音声回答が行われているのですが、自宅などで別の部屋にiPhoneを置いた状態でこの操作をすると不思議な感覚になります。

例えば、
部屋の掃除をしながらAirPodsで音楽を聴いているときに、Siriに思いついたことを話かけるとネットを通じて情報収集して、音声で回答を返してくれます。
この間、手によるiPhoneの操作は全くしておらず、AirPodsを2回タップして会話しているだけなのです。

つまり、iPhoneは情報ハブ化しているわけです。
iPhone本体の操作はせずに、iPhoneに接続された機器に情報を受け渡すような役目をしているのです。しかも、ワイヤレスイヤホンのAirPodsを利用しているため、iPhoneの存在を意識せずに、両手は自由に使うことができます。

こうしたiPhoneの使い方は、AirPods以外の、ほか周辺機器でも増えています。
筆者は、現在iPhoneに、AirPods以外にも、
・活動量計MISFIT SHINE
・Apple Watch
・Pokemon Go Plus
などを接続して使っています。

これらのガジェットは、全てiPhoneとワイヤレス接続しています。
そのため、普段はiPhoneの操作を必要としません。

実際にはiPhoneを通じて、ネットやクラウドと接続して活用できているのですが、使っている間は、それを単独で利用しているような感覚を受けるのです。

きっと未来のiPhone=スマートフォンの理想の姿は、このように本体の存在を意識することなく、常にネットや周辺機器と繋がっている状態をユーザーに提供する「情報ハブ」なのではないでしょうか。

こうした全てのガジェットや機器がワイヤレスで繋がり、見につけた時計やリストバンド、眼鏡、アクセサリなどから、人と話したり、調べ物をしたり、テレビの電源やチャンネルを変えたり、なんでもできるIoTと呼ばれるSFのような世界は、すでにiPhoneやスマートフォンで始まっていたのです。

そして近い将来、ノートや鉛筆、財布、靴など、日用品の全てがIoT機器になれば、その裏側でスマートフォンが、それを忙しく繋げて情報を動かしてくれる。
今はまだ、イメージに過ぎませんが、そう遠くなさそうですよね。

すこし先の未来は、人がスマートフォンを操作することなく、スマートフォンを利用できる世界です。
そんな新しい世界がもうすぐ来るのかもしれません。


伊藤浩一