写真提供:マイナビニュース

写真拡大

シー・シー・ピーは3月13日、コントローラーにスマートフォンをセットできる超小型ドローン「リアルライブテトラル」を発表した。発売は3月24日で、価格は税込12,960円。

リアルライブテトラルは、スマートフォンの専用アプリで映像を確認しながら操縦できるドローン。ドローン本体の内蔵カメラで撮影した動画や静止画を記録し、後から再生することも可能だ。コントローラーからの操作で、離陸、着陸、上昇、加工、ホバリング、宙返りなど12種類のアクションが行える。本体には気圧センサーを搭載しており、高度を自動で調整するため、初心者でも操作しやすいという。

アプリをVRモードに切り替え、別売のVRゴーグルを組み合わせると、リアルタイムで自分が空を飛んでいるかのような映像も楽しめる。また、本体がW44×H30mm / 約20gと小型・軽量なため、ラジオコントロールカーなどに取り付けて録画するアクションカメラのような使い方も可能だ。

本体は、約45分のUSB充電で約3分の連続飛行に対応。コントローラーの電源は単4形乾電池×2本(別売)となっている。本体とコントローラーの通信は2.4GHz帯で行い、最大で8機の同時飛行が可能。USB充電ケーブル、プロペラガード、スペアプロペラ、プロペラリムーバー、フライトテクニックガイドなどが付属する。