(吹き出し)羽鳥:会見なんだった?

写真拡大

異例の8億円値引きで国有地を購入した学校法人「森友学園」の籠池泰典理事長が先週10日(2017年3月)に記者会見し、小学校の認可申請取り消しや理事長退任の意向に触れながら、問題発覚以来の「恨み節」をズラリと並べた。一方で安倍首相夫妻や稲田朋美防衛相と会ったか会わないかなどの関係にトーンダウンもちらついた。これで幕引きを図る気ではないだろうな?

司会の羽鳥慎一「あの会見はなんだったのか」

「恨み節」ズラリ並べる

籠池氏は1時間16分の会見で「マスコミの報道により、ゴミの処理業者がなかなか見つからなかった」「国会論議の中で寄付金が集まりにくくなった」「私は袋叩きにされた感じがする」と語り、反省はほとんどなかった。事実の発覚や公表がつづくことに怒りを隠さず「どうして資料が流出するのかな」とばれたのが悪いような言い分。同席した長男も「自民党から共産党に流れている」とぶちまけた。

理事長の後任を「私の娘」としながら、「私は離れませんよ。アドバイザーとかもある。これは開校の延期。再チャレンジさせていただく」とも述べた。

政治家との関係打消し

政治家とのつき合いについては「安倍首相や昭恵夫人から何もしてもらっていません」と強調した。稲田防衛相との関係を「2年ほど前に会ったと(稲田氏が)言わないのはおかしい」とネット画像の中で反論していたのだが、この会見では「国会議員になってから会っていない」と打ち消しにかかった。

元文部官僚の寺脇研氏は「安倍首相夫妻や稲田防衛相がこの学校は素晴らしいと言っていたことははっきりしている。ウヤムヤにしてはいけない」

どこかの政治家をかばう狙いが色濃くにじむ、怪しすぎる疑惑の上乗せ会見といったところか。

羽鳥「追及されそうな人がこれで終わりにしたかったのかな」