気になる男性との会話では、ついつい色々と聞こうとして質問攻めにしてしまったりしがち。

でも、会話を楽しむためには、相手もあなたに質問をしたくなるような話題を提供してあげことも大事です。

そこで今回は、男性が思わず「質問したくなる」会話テクニックを紹介します。

 

■相手の「興味があること」を話題にする

自分が全く興味のないジャンルの話をされても、聞いていてワクワクもしませんし、おもしろいともなかなか感じることができません。興味を持てないと、そもそも質問なんて浮かんでもこないので、男性もただ黙って聞いているだけになってしまうでしょう。

男性が興味を持っていることに関しての話であれば、必然的におもしろい話のように感じてもらえますし、会話も盛り上がり質問だって増えるはず。自分が楽しいと感じる話題でも、相手には苦痛に感じられてしまうこともあるので注意しましょうね。

 

■「秘密」を打ち明ける

「ここだけの話なんですけど」とか「内緒にしておいてほしいんですけど」などと言われると、その話に急に重みが出てきて、必然的に聞く方もかなり話に食いついてくれるはずです。

秘密の話なので、聞きたいこともたくさん出てくるでしょうから、どんどん質問だってしたくなることでしょう。秘密を共有することは、ふたりの距離を一気に縮める効果もあるので、気になる男性には誰にも言っていないことを打ち明けてみるのもひとつの手でしょう。

 

■「意外な話」をする

普通とはちょっと違った意外な部分や変わった体験談などを話してあげると、当然ながら聞きたいこともたくさん出てくるものです。男性の好奇心をくすぐることができますし、予測できないような点に興味も湧くことでしょう。

意外な趣味だったり、驚きの体験を話されたりすると、男性も未知の世界なので色々と知りたくもなるもの。珍しいものやあまり体験できないようなことは、誰だって気になってしまうものなので、食いつきはかなりいいはずですよ。

 

■いきなり「全て」を話さない

いきなり全部を話してしまうのは、会話のテクニックとしてはあまり上手なものではありません。多少は隠している部分やあいまいな部分もないと、聞き手としては話にのめり込むことができないでしょう。

一気にまくし立てるように全てを明かしてしまっては、そこで男性の気持ちも冷めてしまいます。隠されている部分があると、それが知りたくて質問もたくさんしてくれるはず。ただ、あまりにも隠しすぎると、今度は鬱陶しく思われてしまうので、そこのバランスには気をつけてくださいね。

 

自分がたくさん質問をしているときは、男性も会話に夢中になっているときです。夢中になってくれると、「この子との会話は楽しい」とも感じてくれるので、質問をさせるようにすることも重要なテクニックですよ。

【画像】

※ Hrecheniuk Oleksii/shutterstock

【関連記事】

※ 実はバレバレ!「社内恋愛」が周囲に気付かれるキッカケ

※ ヤりたいだけ?デート中に「カラダ目当て」かどうかを見抜く方法

※ 婚期は逃さない。男が「結婚したい」と思うタイミング4つ

※ うわっ…マジかよ!実は全くモテない「バッグの中身」4つ

※ ご無沙汰なときにも。彼氏を可愛らしくベッドに誘うテク

※ むぎゅ♡男性が彼女を「強く抱きしめたくなる」瞬間