はじめまして、雨宮あゆみです。旅行が大好きで、バッグパッカーで訪れた海外は40カ国以上。

中でも、美しい海と大自然、オシャレなファッションや雑貨、南国の雰囲気がつまったバリに心奪われました。女心を離さないバリ島のおすすめスポットを、6回にわたりご紹介します♪ 

 

【ビーチにビーズクッションで寝転べる最高なカフェ&バー】

 バリ島と言えばやはり海!ビーチです。まずは海を目の前に、白い砂浜の上にビーズクッションでゴロゴロしながらゆったりと過ごせる、とてもオシャレなカフェ&バーをご紹介します。 

こちらはスミニャックのビーチにある「La Plancha」です。白い砂浜にカラフルなビースクッションとカラフルなパラソルが並び、見ているだけでもワクワク、トキメきます。ここに寝そべり、静かな波の音を聞きながら飲むカクテルは最高! 

ここのカフェでは、リズミカルでオシャレなエレクトロニカミュージックも流れているので視覚も聴覚も刺激されてテンションもあがります。ビンタンビールはRp.35,000。フレッシュジュースなどのノンアルコールはRp.45,000。日本のコーヒー1杯ほどで楽しめちゃうのは、バリ島ならでは。小腹を満たすタパスやサラダ、がっつりいきたいハンバーガーなどのお料理もあります。


 夜のライトアップもカラフルでキラキラ。幻想的。
そして、「La Plancha」のすぐお隣にあるカフェ&バー「The Champlung Bar & Restaurant」は、夕暮れ時にシンガーがギターなどの生演奏に合わせて歌うライブ演奏が聞けます。 

もちろん聴くのは、ビーズクッションに寝転びながら。メニューの価格帯はほとんど変わらないので、音楽の好みやその日の気分によって、どちらのカフェ&バーにするか選んでみてください。

【スミニャックのビーチでは、海に沈む美しすぎる夕日を】

 

バリ島の西に位置するスミニャックのビーチ。ここは、美しい夕日を眺められるスポットとしても有名です。世界を赤く染め、海面に光の道をつくりながらゆっくり沈んでいく太陽を眺めていると、心がシンと、穏やかになります。雨期は写真のように曇りがちですが、それはそれで雰囲気です。水平線に沈む夕日を見たいなら、乾期の4月〜10月がおすすめ。そうなんです! これからの季節、ベストシーズンが待っています。 


夕暮れ時の、キラキラした海を泳ぐのは「神々が住む島」と言われているバリ島での楽しみのひとつ。神様に守られながら、デトックスさせててもらっている気分になれます。水温も高めなので、気持ちいいですよ。

そして、暗くなってきたら、海辺をのんびり散歩しても。ごみごみと混み合っていない、バリ島の海だからこそのぜい沢です。こんなインスタ映えする写真も撮れますよ! 

ゆっくりと夕日を眺める時間は日本では意外に持てないもの。遮るものがない広大な海で夕日を眺め、フォトジェニックな世界をぜひ体感してみてください。 

【一歩外に出ればビーチ! コスパのいいお手頃おすすめホテル】

ホテル「Puri Saron Seminyak」はお手頃価格なのに今までご紹介したビーチ、カフェ&バーを目の前にある、バリ島の中でももつとても立地のいいホテルのひとつです。
それなら、お値段が高いのでは?と思うかもしれませんが、シーズンにもよりますが、安い時期だとダブルやツインルームが朝食込みでルームチャージが約7,000円ほど。2人で滞在したら1人3500円です。カップルや女子旅に利用しやすいホテルで、長期滞在にもおすすめです。 お部屋も5つ星のスイート! とまでとはいきませんが、清潔で広々。のんびりくつろげます。 

ホテル敷地内は植物公園のよう。トロピカルな木々が生い茂り、小鳥のさえずりがあちこちから聞こえてきます。運が良ければ、散歩中の猫に出会うことも…。ここには、ゆったりとした時間が流れています。


 

朝食はビュッフェ形式で、緑に囲まれたオープンテラスでいただきます。

インドネシア料理からサラダ、その場で作ってくれるパンケーキやフレンチトースト、クレープ、ポーチドエッグなどの卵料理などなど、充実した内容。心地よい朝を迎えられます。何度も言いますが、ふたりで泊まった場合、これでひとり1泊3500円です。

ホテルのプールには小さいながらにカフェ&バーもあり、プールに入りながらカクテルを楽しむことも。

そして、この神様が宿っていそうな大きな木の向こうがーーー。 キラキラしたビーチとビーズクッションが並ぶ、あのカフェ&バーがある場所です。

 水着姿でホテルの部屋を出てプールで泳ぎ、海が恋しくなったら海に入り。疲れたら「La Plancha」で1杯。なんともぜい沢な滞在ができるのがバリ島なんです。
ホテルから出てすぐ見える「La Plancha」の建物がまたカラフルでかわいい。 

それもそのはず。バリ島はかわいいインテリア雑貨などでも有名です。そんなショッピングについては、またこれからご紹介していきますね。次回もお楽しみに♪
 Rp 1 = 0.0084 円(2017年2月現在)※全レストラン、各メニューは税金サービス料別の料金です。Writton by 雨宮あゆみ
Instagram:amemi8