アーセナルOBのプティ「平均的な選手が多過ぎ。6〜7人の新戦力が必要」

写真拡大

▽アーセナルOBで元フランス代表MFのエマニュエル・プティ氏が古巣にメンバーの刷新を勧めた。イギリス『デイリー・スター』が伝えている。

▽1996年から長期政権を築くアーセン・ヴェンゲル監督。しかし、13年も遠ざかるプレミアリーグで今シーズンも優勝争いから遅れを取っている上、先のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でバイエルンにトータルスコア2-10の惨敗劇を演じたことで、周囲からの風当たりが強まるばかりだ。

▽そうした中、かつてアーセナルのリーグ優勝などに貢献したプティ氏が、批判が集中する古巣の現状に言及。「平均レベルの選手があまりにも多過ぎる」と述べ、ヴェンゲル監督の去就に関係なく、今夏の大幅なメンバーの入れ替えを求めた。

「彼(ヴェンゲル)に他クラブのようなチーム編成の機会が与えられない理由なんてない。今までも、そういった機会はたくさんあった。彼の去就云々にかかわらず、今のクラブは大きな変化が必要。タイトルにチャレンジできるチームを作るために、新しい選手を連れてこないと。何人かって? 6〜7人だね」

「今のチームは、平均レベルの選手があまりにも多過ぎるよ。クオリティはあるけど、タイトルを狙えるほどじゃない。物事がうまくっていないときは、そこに問題があるということ。毎シーズン、同じ問題を抱えているね。ファンには指摘する権利がある。試合を見るために、高価を支払っているのだから」