魚は赤ちゃんの成長を促すオメガ3脂肪酸を豊富に含んでいるため、妊娠中におすすめの食材だと言われているけど、その間の食生活については情報が交錯していることも確か。

食中毒を引き起こす汚染物質を含んでいる可能性がある生魚がNG食材とされる一方、コスモポリタン アメリカ版によると、火を通した魚が100パーセント安全というわけでもないのだとか。

米国産婦人科学会は、中には水銀を多く含み、赤ちゃんの神経系と脳の発達に悪影響を及ぼし、先天異常を引き起こす恐れのあるシーフードがあると警鐘を鳴らしているよう。

そして先日、米国環境保護庁(EPA)と食品医薬品局(FDA)が、妊娠中に食べてもOKなシーフードを共同で発表。

その発表内容によると、水銀の含有量が少ないと承認済みの魚は、1回の量を手のひらサイズ(約110グラム)とし、週に220グラムから340グラム程度を目安に摂取すべきとのこと。具体的にはアンチョビ、タラ、カニ、カレイ、海老、シタビラメ、鮭、ホタテ貝、缶入りのツナ、淡水のマスなど。その他のマグロ、ハタ、オヒョウ、マヒマヒ(シイラ)、スズキ、鯛、そして以下に記載されていない(釣りで捕れた魚も含めた)その他は、1食に留めておくべきなのだとか。とりわけ、下記の魚は水銀の含有量が多いため、一切避けることが重要とのこと。

1.サワラ

2.カジキ

3.オレンジラフィー(ヒウチダイ科の魚)

4.サメ

5.メカジキ

6.メキシコ湾で捕れたアマダイ

7.メバチ(メバチマグロ)

FDAが発表した食べても良い魚の全リストはこちらから。外食時には携帯すると万全かも。もし迷ったら、チキンをオーダーするようにしましょう。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon Solutions, Inc

COSMOPOLITAN US