ゆず、ベストALでいきものがかり、back number、セカオワと豪華コラボ

写真拡大

 ゆずが、4月26日にリリースするオールタイムベストアルバム『ゆずイロハ1997-2017』 で、詳細が明らかになっていなかった各ディスクの「スペシャルトラック」の全貌を公開し、いきものがかり、back number、SEKAI NO OWARIら3組のアーティストとの豪華コラボ曲が収録されることがわかった。

 『ゆずイロハ1997-2017』の選曲をした際、「20周年だからこそできる、おもしろいことができないか」 という話し合いの中で、ゆずとさまざまな場面で親交のある3組の“後輩ミュージシャン”とのコラボレーション案が浮上。その後、ゆず自ら各アーティストにオファーを行い、3組それぞれが快諾。 単純なカバーやトリビュートにとどまらない、レーベルの垣根を越えた豪華トラックが誕生した。

 現在“放牧期間中”のいきものがかりは、昨年秋頃から年末にかけてレコーディングを実施。 いきものがかり結成のきっかけとなった、吉岡聖恵、水野良樹、山下穂尊3人での初路上ライブで披露した 楽曲が「夏色」だったこともあり、過去にはゆず主催のライブイベントで共演したこともあった。 今回はいきものがかりのイメージから2013年リリースの「イロトリドリ」を選曲し、 お互いアレンジのアイディアを出し合いながら制作を行った。

back numberとは、過去メディア出演の際にボーカル・清水依与吏が好んで聴いていたと公言していた「サヨナラバス」をバンドセッション。 Fukase(Vo)とNakajin(Gt)が知り合ったきっかけがゆずだというSEKAI NO OWARIは、メンバーたってのリクエストで、 ゆずの初期楽曲「悲しみの傘」(1999年発売の2ndアルバム『ゆずえん』収録曲)をセッション。 3組それぞれのストーリーや想いが込められた、ここでしか聴くことのできない3曲となっている。

 今回のコラボにゆずは、「先輩でも同世代でもなく、僕たちより若い、だけどとてもリスペクトしている3組のアーティストに声をかけさせてもらいました。僕たちにとっても新しい発見ばかりの刺激的なレコーディング現場で、「イロトリドリ」「サヨナラバス」「悲しみの傘」に新たな息 吹がふきこまれました。いきものがかり、back number、SEKAI NO OWARI、ありがとう!」とコメントしている。


◎リリース情報
アルバム『YUZU 20th Anniversary ALL TIME BEST ALBUM ゆずイロハ1997-2017』
2017/4/26(水)Release
<CD3枚組50曲>SNCC-86931/3,500円(tax out.)
初回生産分:三方背ケース仕様