10日、中国河南省鄭州市の工事現場で「ピラミッド」状の古い墓が見つかった。

写真拡大

2017年3月10日、中国河南省鄭州市の工事現場で「ピラミッド」状の古い墓が見つかった。騰訊新聞が伝えた。

【その他の写真】

墓室全体は長さ約30メートル、幅約8メートル。門は東の方向を向いており、れんが作りの「ピラミッド」状の小さな墓室と、その西側に丸屋根で長さ約4メートルのれんが作りの主墓室が隣接している。

現場関係者によると、周辺には漢代の古墳が多くあるという。現場は黄河の南岸で、北側の遠くない場所には秦末に楚・漢両軍がここを境に対峙した「鴻溝」がある。

考古学者によると、この墓は盗難に遭った可能性があるという。(翻訳・編集/柳川)