女性ホルモン低下の救世主!知っておいた方がいい「エクオール」のこと

写真拡大 (全2枚)

テレビや雑誌でも目にするようになった“エクオール”って、ご存知ですか?

豆腐やみそ、納豆など大豆製品に含まれる大豆イソフラボンという成分が、おなかの中で腸内細菌と出会ってつくられるもの、それが“エクオール”です。そこで今回は、大塚製薬が18年の研究から生まれた製品『エクエル』のご紹介とあわせエクオールについて詳しく見ていきましょう。

エクオールは女性にうれしいことがたくさん!

ある研究では、エクオールの作用により

・更年期症状、障害を和らげる

・メタボリックシンドロームの予防

・加齢によるしみやたるみ、肌への作用

・骨粗しょう症の予防と改善

など女性が健康で若々しくいるためのうれしい効果が期待されています!

しかし、エクオールの恩恵を受けられるのは日本人の2人に1人だけ!?

だったら、「大豆製品をいっぱい食べればいいだけでは?」というわけではないんです!

実は、どんなに大豆製品を摂っても、勝手に腸内細菌と結びつきエクオールを生成してくれるわけではないらしく……このエクオールを作る“腸内細菌”を持っている人だけが、大豆イソフラボンをエクオールにできるんです!

そして、なんとその“腸内細菌”を持っているのは日本人の2人に1人!?つまり、この腸内細菌を持っていない人は、これまでもエクオールは作れていなかったということ。

エクオールが作れない人の救世主!大塚製薬の『エクエル』

もし、エクオールを体内で作れるなら、毎日の食事で大豆イソフラボンを積極的に摂りましょう。ただし、ずっと体内に留まっているわけではないので、毎日食べることが大切です。

一方、エクオールを体内で作れないなら、エクオール含有食品を摂れば、体のなかで女性ホルモンに似た作用を発揮してくれることがわかっています。

エクエル

大塚製薬が発売している『エクエル』をご紹介します。

18年の研究期間をかけて、大塚製薬が世界で初めて大豆を乳酸菌で発酵させて作ったエクオールを主成分とした製品。更年期などに代表される、女性ホルモンの減少によってココロとカラダに様々な変化を感じている女性をサポートすると言われています。

最後に気になる疑問にお答え。

Q.エクオールが体内で作れるかチェックする方法はあるの?

A.あります。調べ方は尿検査でエクオールを作れるか知ることができます。インターネットでも買える簡易キットもあるよ。

毎日が楽しくイキイキした生活を送るために、ココロとカラダの健康はとても大切です。規則正しい生活とバランスのとれた食事、適度な運動を心掛け、ホルモンバランスを整えることから始めてみましょう。

【参考】

エクエル(大塚製薬)

【画像】

※ エクエル(大塚製薬)

※ Obchoei PR / shutterstock

【筆者略歴】

WWO編集部

専門家が美容・健康に関する情報を発信する20〜30代後半女性向け情報メディア。自分が「心地よいと感じられる美しさ」を手に入れたいと願う大人の女性に寄り添う情報が満載です。