写真提供:マイナビニュース

写真拡大

元SMAPの木村拓哉が主演を務めるTBS系ドラマ『A LIFE〜愛しき人〜』(毎週日曜21:00〜)の第9話が12日に放送され、視聴率が14.7%だったことが13日、明らかになった(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

視聴率は初回から14.2%、14.7%、13.9%、12.3%、13.9%、15.3%、14.5%と推移し、第8話で自己最高の15.7%を記録。今回14.7%とやや数字を落としたものの、テレビ朝日系でワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド「日本×オランダ」が放送された中で大健闘となった。

このドラマは、愛、欲望、友情、嫉妬、プライドが渦巻く病院で、木村拓哉演じる外科医・沖田一光と彼を取り巻く医師・看護師たちが繰り広げるヒューマンラブストーリー。物語の舞台である壇上記念病院の院長の娘で沖田のかつての恋人・壇上深冬を竹内結子、沖田の幼なじみで深冬の夫である副院長の壇上壮大を浅野忠信が演じている。

第9話では、深冬(竹内)の脳腫瘍が出血し、手術は延期に。手術の難易度が上がってしまったことで、沖田(木村拓哉)は「もっと早く手術方法を見つけていれば」と悔やむ。そんなとき、壮大(浅野)に現職大臣のオペの相談が持ちかけられ、難しいオペを日本初となるアプローチで行うことを決めた壮大は「大臣のオペが成功したら自分が深冬のオペをする」と沖田に宣言。その真意を問う沖田に、壮大は「俺はお前とは違う」と言い放つという展開だった。