写真提供:マイナビニュース

写真拡大

タレントのMEGUMI、壇蜜、おのののかが13日、テレビ東京の相楽樹主演ドラマ『こんにちは、女優の相楽樹です。』第2話(13日25:00〜)に意気込みのコメントを寄せた。

同作はテレビ東京と電通による番組と広告の融合企画「Friend-Ship Project」の第14弾。NHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』出演で人気となった相楽が本人役で主演、店員の役作りのために純喫茶をめぐり、こてんぱんにされながら成長していく。脚本は根本宗子によるオリジナル作品となり、3週にわたって放送される。

毎回、相楽を叩き直す純喫茶店員として"3人娘"が登場。第2話に登場する3人は、お色気担当として相楽と対峙する。佳子役のMEGUMIは「樹ちゃんご本人に悪口を言って、どんどん詰めてくっていう役だったので……。日常生活でもここまで詰めることっていうのはないので、申し訳ないなと思いながらも、とても楽しかったです」と撮影を振り返った。

瑠美役の壇蜜は「私が絡めば絡むほど、相楽樹の白さが際立つ」と苦笑。作中の相楽について「前にいけない自分にもどかしさがあるから、余計に年上のお姉さんが、『しっかりしなさいよ』って言う、みたいな部分は、よく映ってると思います」と、分析した。さらに、実際の相楽については「初めて会ったとき、すっぴんだったんですよ、肌がツヤッツヤで」と印象を明かし、「思わずね、私にもこんな時もあったな、って思いました」としみじみした。

華代役のおのも「私より年下なのに落ち着いてる雰囲気の方で、可愛いし大人っぽいし、羨ましいなって思って見てました」と相楽を好評価。「主役の相楽さんをはじめ、壇蜜さんとMEGUMIさんと、すごい楽しい現場で和気あいあいとしていて、楽しかったです」と現場の雰囲気を語った。

第2話には他、田中要次、かねきよ勝則(新宿カウボーイ)、磁石、紺野ぶるま、おばたのお兄さん、緑川静香が登場。第3話(3月20日放送)は足立梨花、川栄李奈、趣里の3名がゲストとなる。さらに、レギュラーとして塚本高史、浜野謙太、名取裕子が出演する。

(C)テレビ東京