iPhone 8の旧型モデルと変わらない点は・・・

写真拡大 (全2枚)


今秋発表のiPhone 8はデザインを刷新・ワイヤレス充電に対応・ホームボタンを廃止と、『iPhone 7』とは異なる特徴を備えるとされています。

しかし、iPhone 8でも変わらないとされる点もあります。

こちらもご覧ください。
iPhone 8の発売日は異例、例年より遅い可能性が高まる

iPhone 8は平らなディスプレイを採用か

iPhone 8のディスプレイには「2.5Dガラス」が採用されるようだ、とする調査会社IHS MarkitのアナリストWayne Lam氏の予測をウェブサイト『Mac Rumors』が報じています。

2.5Dガラスは『iPhone 6』から採用されている前面ガラスで、縁が丸みを帯びているのが特徴です。


一方で2.5Dガラスではない『iPhone 5s』の前面ガラスは縁が丸みを帯びていません。


iPhone 8は一時、『Galaxy S7 edge』のように画面の両端が丸みを帯びて、画面も湾曲した形になると噂されていました。

2.5Dガラスを採用する理由について、ディスプレイの性能を分析するDisplay Mateは製造コストが安いこと・生産量が多いことを挙げています。

有機ELディスプレイ採用は変わらず?

iPhone 8はかねてから有機ELディスプレイを採用すると噂されてきましたが、この点について変化はないようです。

有機ELディスプレイは従来の液晶に比べ、薄い・明るい・省エネ性能が高い・残像が生じにくい・色が正常に見える角度が広い・色の再現性が高い、とされています。

参考

5.8-Inch iPhone Expected to Have Flat Display Despite ‘Curved’ Rumors - Mac Rumors