12日、ニッパツ三ツ沢球技場で行われたサッカーのJ2第3節、横浜FC対ザスパクサツ群馬戦にて、横浜FCの三浦知良は最年長得点記録を更新した。この試合、先発出場をした三浦は、前半40分にイバのシュートのこぼれ球をPA左でキープし落ち着いて逆サイドに沈めた。これで自身の最年長得点記録を、これまでの49歳5カ月12日から50歳0カ月14日へと大きく塗り替え、いよいよ50代ゴールに突入した。

 三浦はそのままカズダンスも披露し、サポーターもカズコールの連呼を止めず試合はホームらしい勝利ムードになった。試合もこのまま1-0で横浜FCが勝利し、50歳超えのメモリアルゴールに花を添えた。三浦は「今日は試合前からゴールできそうなフィーリングを強く感じていた」とコメントを出している。

 今シーズン、開幕から3試合続けて先発出場を続けた三浦は、その好調ぶりもアピールする活躍であった。試合開始直後からゴール前での競り合いやまたぎフェイントなども全く衰えの感じない動きで、得点の匂いも感じられていた。この調子では最年長得点記録の更新はどこまで続くのか見当のしようもないほどである。後半13分にベンチに退いたものの、カズの健在ぶりを世界に向けて発信したのも間違いない。