迫力のバトルが展開 (C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.,
LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND
RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC.
ALL RIGHTS RESERVED

写真拡大

 「GODZILLA」の製作陣が再結集し、キングコングの起源を描く超大作「キングコング 髑髏島の巨神」の本編映像が公開された。コングと宿敵の巨大生物スカルクローラーのバトルシーンを切り取っている。

 トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・グッドマン、ジョン・C・ライリーらが出演するアドベンチャー。1973年、未開の島・髑髏島(どくろとう)を訪れた調査遠征隊が、コングをはじめ島に巣食う巨大生物に襲われ、命の危機にさらされる。

 ヘビのような体に2本の腕を生やす“地の王”スカルクローラー。地面を驚異的な速度ではいずり人間たちを次々に飲み込んでいくグロテスクなキャラクターだが、メガホンをとったジョーダン・ボート=ロバーツ監督は来日時に「『千と千尋の神隠し』のカオナシや『新世紀エヴァンゲリオン』の使徒サキエルをほうふつとさせる」と日本アニメの影響を明かしている。

 本編映像では、隊のリーダー・コンラッド(ヒドルストン)ら調査隊を捕食しようと猛然と襲いかかるも、割って入ったコングに邪魔をされ、壮絶な死闘を演じている。スカルクローラーの前に立ちはだかったコングは、巨大な岩を顔面にたたき込んでひるませるが、スカルクローラーもコングの腕に何度もかみついて反撃。両者のダイナミックなバトルシーンが、画面いっぱいに描かれている。

 「キングコング 髑髏島の巨神」は、3月25日から全国公開。