旅行や買い物に行かなくたって、幸せはやってくるもの。お金を使うことがすべてではありません。今回は1円もお金をかけずに幸せをゲットする方法をまとめてみました。

友だち選びを慎重にする

大切な友だちを持つことは幸せを感じる上でとても重要な要素。居心地の悪さを感じる上司や同僚、ママ友など「真の友だち」とは呼べない交友関係はほどほどに。人生一度きり、時間や労力は大切な人間関係のためにとっておくのが◎。
一緒にいて居心地の良い人との友情関係を育むとほっこりとした幸せがあなたのもとに訪れるはず。

自分を褒める

大嫌いな仕事、疲労やストレスばかりが溜まる恋愛関係、自己を否定してしまう強い思い込み……自分にストイックになりすぎて、自身を追いつめていませんか?
自分を不幸にしているのは他人ではなく、自分自身かもしれません。ときには自分を褒めてあげたり、自分にご褒美をあげることも大切。自分自身を褒めることは、モチベーションが高め、自身を笑顔にしてくれます。

違う意見を尊重する

他人との意見の衝突はなにかとストレスを生むもの。常に違う意見を尊重することを心掛けることでストレスを回避。また、自分の意見を主張しつつ他人の意見に耳を傾けることで心の成長を育む効果も。

瞑想してみる

スタンフォード大学の研究によると、自尊心を高めたり、瞑想するなど内的要因を充実させることは、体を使ったアクティビティをするよりも幸福度が高める効果があるのだそう。気分転換に体を動かすことも大切ですが、自分と真剣に向かい合うことが幸福度をアップさせるポイント。

リラックスできる音楽を聴く

心身ともにリラックスできる環境づくりは幸せを感じる上で欠かせないもの。ゆっくりとしたリズムで落ち着いた音楽はリラックス効果があるのでストレス解消にオススメ。
とくに、リラクゼーション用のBGMは脳波をリラックス時に発生されるα波に変える効果があります。波の音や雨が静かに降る音などもリラックスに効果的。

他人の顔色を伺わない

周囲にどう思われているかを気にしないことは、人生を楽しむ上でとても大切なこと。他人の意見ばかりを気にしてしまうのは自信のなさが原因かも。ひとつひとつの行動に正解などありません。自分が好きなことや正しいと思うことは、自信を持って取り組むことが大切。他人の目を意識しなくなった瞬間毎日がもっと楽しくなるはずです。

SNSから一歩距離を置いてみる

ソーシャルネットワークはときに、幸せの足かせとなることがあります。他人と自分の日常生活を比較してしまったり、自分の人生だけ充実していないような劣等感を感じてしまうなど競争心やコンプレックスの根元になりうるSNSとは一歩距離を置いて付き合うことが必要です。

手放してみる

幸せに一歩近づくために知っておきたいのが手放すことの大切さ。全てを手に入れようとすると幸せは遠のいていきます。ときには手放すことを知っていれば、がむしゃらに頑張りすぎることもなく、安定した幸せを得ることができます。