放送を終えて取材に応じたベッキーとハマ・オカモト

 歌手でタレントのベッキーと、OKAMOTO’Sのハマ・オカモトが12日、4時間半にわたって生放送された音楽祭『スカパー!音楽祭2017』でMCを務め上げた。放送中、テレビでは1年以上ぶりとなる歌唱にも挑戦したベッキーは「ドキドキだった」としながらも「楽しかった」と満足気だった。

 今回で3度目の開催となった『スカパー!音楽祭』。同局のレギュラー番組『FULL CHORUS ~音楽は、フルコーラス』で司会を務めるベッキーとハマ・オカモトがMCを、音楽家の本間昭光氏が音楽監督をそれぞれ務めた。

 小柳ゆきや岡本真夜、岸谷香、モーニング娘。'17、田口 淳之介など27組が出演。午後7時から11時半までの4時間半にわたって生放送され、出演アーティストが自身で選曲した「今、届けたい歌」をフルコーラスで届けた。

 放送終了後にはMC2人による取材会が開かれた。ベッキーは放送を終えて「爽快な気分」と清々しい表情をみせた。

 ベッキーは放送中、ハマ・オカモトのベース、本間昭光氏のピアノの伴奏で、自身の楽曲「風のしらべ」を歌った。ハマは「ベッキーさんの伴奏という大役があって緊張した」と語っていたが、ベッキーは「バンドやハマさんがいてくれて心強かった」とした。

 ベッキーがテレビで歌唱するのは1年以上ぶり。「ドキドキだった」としながらも「楽しかった」とも。番組『FULL CHORUS』ではMCを務める2人だが意外にもセッションは初めて。ベッキーは「避けられているのかと思った」と冗談を挟みつつも「共演は嬉しい。(ハマとも)結構目が合って、新ユニットを結成したようで楽しかった」と満足の表情を浮かべた。

 同番組は後日、再放送されることが決まっている。番組の見どころについてベッキーは「ポップスやK-POP、演歌など様々なジャンルがあるので、これまでに触れた事のない曲に触れる良い機会」とし、ハマは「(出演者が歌唱した)CDの原曲を聞いて本間さんアレンジとの違いをみる見方も面白い」と語った。

 また2人は先日、誕生日を迎えた。33歳になったベッキーは「どんどん大人になって、ちゃんとしようと思う」と気を引き締めつつも「仕事も沢山して、プライベートも充実したい」。26歳のハマは「去年は体調を崩すことが多かったので健康第一にしたい」と抱負を語った。

 番組は、BSスカパー!では3月28日午後9時から、スカパー!4K総合では4月8日午後9時からそれぞれ再放送される。(取材・撮影=木村陽仁)