電気と磁石の力で浮いて走る「リニアモーターエクスプレス MR-9106」

写真拡大

電子工作キット「エレキット」を手がけるイーケイジャパン(福岡県太宰府市)は、電気と磁石の力で浮いて走る「リニアモーターエクスプレス MR-9106」を2017年4月中旬に発売する。

車両本体とレールに浮上用、側面のレールに推進用磁石

実際のリニアモーターカーとほぼ同じ機構を、自分で組み立てて仕組みを学べる。車両本体とレールに浮上用の磁石が埋め込まれ、それぞれ同じ極性の磁石が組み合わさることでレールから浮き上がる。

また側面のレールには推進用としてN極とS極が交互に並んだ磁石が、また本体には電磁石が取り付けられており、電磁石に電気を通すと、レールの側面と"くっつく""離れる"を繰り返しながら前進する。

高速で2分間走り続けるモードと、速度(低・中・高速)を選んで走り続けるモードの2つを選べる。外側にはレールがなく、実際に浮いて走る様子を横から観察できる。

電源は単4形アルカリ乾電池×2本(別売)。

価格は6500円(税別)。

リニア中央新幹線は27年に東京・品川〜名古屋間が開業予定。