50歳カズのゴール、世界各国で報じられていた!なんと北欧でも

写真拡大

横浜FCの三浦知良がまた偉業を成し遂げた。

ザスパクサツ群馬戦で今季初ゴールをマークし、自身が持つJリーグ最年長得点記録を50歳と14日に更新したのだ。

50歳でゴールというのは考えられない出来事。世界各国のメディアでも取り上げられていた。

『Marca』(スペイン)

カズ50歳ゴールを伝える海外メディア

日本で最年長のプロ選手である伝説的なカズヨシ・ミウラが、50歳以上でゴールを決めたJリーグ史上初の選手になったなどと伝えた。 ゴール後のコメントのほか、15歳でブラジルに渡ったことなどこれまでのキャリアについても詳しく触れられていた。

『Globo』(ブラジル)

カズ50歳ゴールを伝える海外メディア

50歳のカズが横浜FCを勝利に導き、サンバでお祝いと伝えた。1980年代にサントスにいたことにも触れていたほか、J公式のゴール動画も。

『Guardian』(英国)

カズ50歳ゴールを伝える海外メディア

『AP』からの引用のようだが、スタンリー・マシューズが52年間保持していた記録を打ち破ったなどと伝えていた。

『TSF』(ポルトガル)

50歳のミウラがゴールし、また記録を打ち立てたなどと伝えていた。カズヨシ・ミウラは年長記録を作り続けているとも。

『ESPN』(スペイン語版など)

「カズ・ミウラがJ2で今季初ゴール!彼は50歳と14日。史上最もベテランな選手」とも。

『Helsingin Sanomat』(フィンランド)

「ミウラはその忍耐とスタイルによって“キング・カズ”とのニックネームをつけられた。日曜に歴史的偉業を成し遂げた彼は50歳と14日。ミウラは60歳までプレーする意思を表明している。1990年代初頭、彼はアジアで最も有名な選手だった」などと伝えていた。

その他、ウェブ上で伝えられたニュースを一覧にするとこんな感じに。

カズ50歳ゴールを伝える海外メディア

引用したケースもありそうだが、英国主要メディアだけでなくアイルランドやインドでも取り上げられていた。