ルノーのCセグメントハッチバック、「メガーヌ」のハイパフォーマンスモデルである、新型「メガーヌ RS」プロトタイプをカメラが捉えました。

ボディの多くがカモフラージュされている状態ですが、ワイドフェンダー、アグレッシブなバンパー、ブレンボ製ブレーキセット、エアロダイナミクスを生むエアロパーツは、これが生産モデルであることを裏付けています。

1

新型メガーヌ RSは、重要なミッションを背負っています。

それは、ホンダ「シビック タイプR」、VW「ゴルフGTI クラブスポーツ」に奪われた、ニュルでのFF最速キングの称号を奪回することです。

2014年、ルノーは「メガーヌ RS トロフィーR」で、当時最速の7分54秒36の記録を打ち立てたましたが、その後ホンダシビック タイプRが7分50秒、VWゴルフ「GTI クラブスポーツS」が7分49秒21を記録しています。

この新型では、300ps以上と噂される2リットル直列4気筒ターボエンジンを搭載し、デュアルクラッチトランスミッション「EDC」を搭載する可能性が高いです。

新型は、5ドアハッチバックのみで2017年秋以降発売となります。

(APOLLO)

世界最速FFを奪還せよ!新型ルノー メガーヌRS、300馬力の領域へ突入(http://clicccar.com/2017/03/13/453028/)