性別も、国籍も、年齢も。

そんなものにこだわる必要は当然にない時代です。

NIKEから、イスラム教徒の女性アスリートのためのヒジャブ登場

そんな考えは「NIKE(ナイキ)」も同じでした。

NIKEが2018年に発売することを発表したのは、イスラム教徒の女性が頭や顔を覆うために身につける民族衣装・ヒジャブ。

スポーツ用に改良された「プロ・ヒジャブ」は、軽量で通気性抜群のメッシュ素材で作られていて、激しく動いても邪魔になることはありません。アスリートとして、信者として、心おきなく両立することができるのです。

NIKEによると、アスリートでは、すでにエミレーツのフィギュアスケーターであるZahra Lari(ザハ・ラリ)選手が着用しているとのこと。

ザハ選手は、

プロ・ヒジャブの試作品を見たときは、感動したわ。私はこれまで、パフォーマンスのためにいろいろなタイプのヒジャブを試してきたけれど、で満足いくものはなかった。でも、プロ・ヒジャブをつけてリンクでスピンしてみたら、その軽さとフィット感に驚いたの。

語っています

スポーツウェアのプラスサイズラインもローンチしたNIKE。

体型や宗教に制限されず、入り口がぐんぐんと広がっているのを感じます。

[HIGHSNOBIETY, V MAGAZINE, CNN]

文/浦田昆

こちらも読まれています

・24歳IT会社勤務女子の願望。1週間ベッドの上で...#sponsored

・「生まれつき美肌」に見せる。ファンデの塗り方 #sponsored

・美人度高まる。目と眉の距離を近づける方法 #sponsored