アニメ「恋と嘘」ティザービジュアル (C)ムサヲ・講談社/政府通知普及委員会

写真拡大

 無料マンガ配信アプリ「マンガボックス」で連載中の、ムサヲ氏によるマンガ「恋と嘘」がテレビアニメ化され、今夏から放送を開始することがわかった。アニメ公式サイトとTwitterアカウントがオープンし、主人公・根島由佳吏(ねじまゆかり)、メインヒロインの高崎美咲と真田莉々奈(さなだりりな)が登場するティザービジュアルや、第1弾トレーラー映像が公開されている。

 同作は、少子化対策のため16歳になると政府から結婚相手が指名され、自由な恋愛は許されないという近未来の日本を舞台に展開する恋模様を描く。16歳の誕生日を迎えた由佳吏は、クラスメイトの美咲に思いを伝えるが、その直後、政府からの通知が届く。

 アニメ化に際し原作者のムサヲ氏は「たくさんの人に助けてもらい、後押ししていただいてここまで来られました。長年の夢だったので、本当に夢みたいです。応援して下さった方々と、これから知って下さるたくさんの方たちに楽しんでいただけると嬉しいです」と喜びを話した。

 なお、同作の監督は「山田くんと7人の魔女」「うどんの国の金色毛鞠」の宅野誠起が務める。宅野監督は「自分の高校時代は恋愛とは無縁でしたが、その時の理想や憧れがすべて詰まった原作なので、その気持ちを込めて、キャラクターを描きたいと思います。恋することの嬉しさと切なさを感じとっていただければと思います」と意気込みを語っている。アニメーション制作は「石膏ボーイズ」「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」のライデンフィルムが担当する。