ジャック・ダヴェンポート
 - Gareth Cattermole / Getty Images

写真拡大

 米ABC局で製作されるスリラードラマ「ドゥームズデイ(原題) / Doomsday」のパイロット版に、「SMASH」でデレク・ウィルズを演じたジャック・ダヴェンポートほか豪華なメンバーがキャスティングされた。

 同ドラマは9.11の同時多発テロの後、科学とエンターテインメント界で最も創造的な頭脳を持つ人を米政府が集め、極秘のシンクタンクを設けるストーリー。彼らの任務は人工的に災害とその解決策のシナリオを創り出すというものだったが、仮説があまりにも危険なものになっていったため、関係書類は封印され、プログラム自体が中止される。しかし、何年もたった後、仮説で立てたのと同じ災害が起こったとき、自分たちが考え出したシナリオを食い止めるためにチームが再び招集される。

 ジャックが演じるのは知的な有名劇作家からアクション映画の脚本家に転身したウォーレン。ドゥームズデイ計画シンクタンクの元メンバーで、世界を物語のように捉える想像力と創造性を持っているため、敵の立場になって考えることもできる強みを持っている。

 「アンダー・ザ・ドーム」のジュリア役で知られるラシェル・ルフェーブルが演じるのは国土安全保障省長官補フェイ。彼女は招集された元メンバーを天才とは思わず、国家の安全を危機に陥れた無鉄砲で不利益なメンツと考えているそう。

 ほかには、「プライベート・プラクティス」のテイ・ディグスが米連邦緊急事態管理局でエンジニアをしていたデイヴィス博士役で出演するほか、「ヴァンパイア・ダイアリーズ」でレベッカを演じたクレア・ホルトの出演も発表されている。豪華なメンバーでシリーズ化にこぎつけられるかが注目される。(澤田理沙)