アニメ「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」の第2期となる『#21 いつか夢見た世界』を、場面カットとあらすじで振り返る!/(C) BNEI/TOZ-X

写真拡大

TOKYO MXほかで放送中のアニメ「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」(毎週日曜夜11:00-11:30ほか)の第2期となる『#21 いつか夢見た世界』を、場面カットとあらすじで振り返る。

【写真を見る】『#21 いつか夢見た世界』では、レディレイクを襲ったドラゴンを浄化したスレイが受けた穢(けが)れの一部を引き受け、長く眠ったままだったアリーシャとロゼも目覚める/(C) BNEI/TOZ-X

本作は、RPGゲーム『テイルズ オブ』シリーズ20周年記念作品のTVアニメ。世界の災厄を払う「導師」となった人間の青年・スレイ(CV.木村良平)は、人の目には見えない霊的な存在「天族」のミクリオ(CV.逢坂良太)ら仲間と共に旅に出る。途中、“災禍の顕主・ヘルダルフ”と遭遇し戦いに。その中で、スレイは導師としての決意を新たにする。

【『#21 いつか夢見た世界』】

レディレイクへと向かっていた竜巻の中に存在したドラゴンを、仲間たちの力を借りて浄化したスレイ。スレイが受けた穢(けが)れの一部を引き受け、そのダメージから長く眠ったままだったアリーシャとロゼも無事に目覚め、この先もスレイの従士として穢れを受けることを決意する。一方その頃、デゼルはサイモンとの戦いを繰り広げていた。サイモンは主である“災禍の顕主”はもう止められないと語り、世界が終わるとスレイに告げる。サイモンから災禍の顕主の幻影を見せられたスレイは、その圧倒的な力に衝撃を受けてもなお、災禍の顕主がいる北の地を目指す決意をする。

なお次回『#22』は、TOKYO MXでは3月12日(日)夜11時より放送となっている。