Apple製品の耐久実験でおなじみのYouTuber、EverythingApplePro氏が、たった70ドルで入手した偽のiPhone7 Plusジェットブラックを細部までチェックした動画を公開しています。

文字やロゴもそっくり。驚きのパッケージ

偽のiPhone7 Plusを開封するところから動画はスタートしていますが、まずパッケージがそっくりとびっくり。微妙な違いはあるかもしれませんが「前回見たものよりもアップグレードしている」「ここまでは期待していなかった」と繰り返し驚きの声を上げています。
 
ここで本物のiPhone7 Plusの箱が登場、並べて比較しています。よく見るとやや箱の色が異なるほか、フラッシュLEDの色が違います。
 
しかし完成度はかなり高いです。裏側もぱっと見ただけでは違いが分かりませんが、偽物にはシリアルコードが1つしかありません。しかし本物と並べてみなければ、違いに気づかないレベルです。
 
Fake-iphone7plus-and-real

開封の儀!

Fake-iphone7plus-vinyl
 
いよいよ箱を開けると、説明書もきちんと入っています。ただし本物には必ず同封されているAppleのステッカーは入っていませんでした。
 
また本体がビニール袋に入っているのも本物とは異なりますが、見た目はiPhone7 Plusジェットブラックモデルにそっくりです。
 
以前の偽物モデルでは、背面に印刷されている文章が間違っているほか、米連邦通信委員会(FCC)のラベルも違うなど、あちこちにミスが目立ちました。しかし最新版ではこうした間違いは完全に修正されています。
 
また以前のように、振ってみると中の部品がカタカタ鳴るような、すぐわかる不具合もありません。
 
Fake-iphone7plus-oldandnew

起動画面で偽物とバレる

Fake-iphon7plus-launch
 
電源を入れるとAppleロゴが表示されたものの、ジェットブラックのiPhoneでは起動画面もブラックです。さすがにここで偽物であることが完全にバレてしまいました。
 
次に同梱されているアクセサリーのチェックです。こちらは本体の完成度の高さに比べると作り込みが甘いようです。
 
Fake-iphone7plus-accessory

iOSも細部までコピー

Fake-iphone7plus-ios
 
さて、本体に戻ってiOSを起動してみます。最初の画面はかなり似せて作ってありますが、キーボードはiOSではなくAndroidです。ただしホームボタンについては、以前は指以外でもクリックできたのが、反応しなくなっています。
 
Fake-iphone7plus-keyboard
 
またウィジェットはないものの、検索機能を搭載するなど、かなり細かくiOSをコピーしています。「設定」画面や「カメラ」の画面も本物に近くなっています。
 
とはいえ偽物なので、もちろんApp Storeは開きませんし、処理速度も遅く、リンクをクリックしてもページが開くまでにかなりの時間がかかります。3D Touchも使えません。ただしTouch IDの指紋はきちんと登録でき、機能しました。

中身はさすがにチープな印象

最初は「すごい」を連発していたのが、アイコンを押しても反応しない、カメラアプリで撮影しようとするとマップアプリの再インストールを求めるメッセージが表示される、コンピュータに接続できないなど、偽物のアラが目立ってくるにしたがって、EverythingApplePro氏の我慢が限界に達してきたらしく、途中で偽iPhoneを放り投げる場面も。
 
そしてついに解体がスタートします。以前の偽物よりはやや手間がかかったものの、ネジを外すと簡単に開きました。リボンケーブルでつながっています。外から見て予測していたとおり、デュアルカメラの小さいほうはレンズではなく、単なる飾りでした。また外観に比べると中身はかなりチープな印象です。
Fake-iphone7plus-insidecamera
 
Fake-iphone7plus-inside
 
しかしEverythingApplePro氏は、テクノロジーに詳しくない人なら、こうした偽物に引っかかってしまうかもしれないと締めくくっています。
 

 
 
Source:YouTube(EverythingApplePro)
(lunatic)