AOA、初の単独コンサートを盛況裏に終了…「デビュー以来、こんなに緊張したのは初めて」

写真拡大 (全5枚)

「天気さえ私たちを祝福しているようです」

温かい春の日、7人の女性がスカートをひらひらとさせながらファンを“胸キュン”させた。AOAが初の単独コンサートで、セクシーさからピュアさまで多彩な魅力をアピールし、約3000人のファンの心を奪った。

AOAは11日午後、ソウルオリンピック公園・オリンピックホールで初のコンサート「2017 AOA 1st CONCERT-ACE OF ANGELS」を開催した。2012年のデビュー後、韓国で初めて開催する単独コンサートであるだけに、現場の熱気は寒さまでふっ飛ばした。

この日、AOAが披露したセットリストは驚きそのものだ。彼女たちはヒット曲「ふわりふわり(Like a Cat)」「短いスカート(Miniskirt)」だけでなく、アルバムの収録曲、人気ポップソングなど様々な曲で、豊富な見どころを披露した。

「Excuse Me」で華麗に幕を開けたAOAは「初めてのコンサートに来ていただき、本当に感謝している。天気が本当に良い。天気さえ私たちを祝福しているようだ」と感激を表した。チャンミが「デビュー以来、こんなに緊張したのは初めてだ」と言うと、ソリョンは「本当、脚と唇がぶるぶる震えて振り付けをきちんとこなすことができなかった。しかし実際ファンに会うと、気分が良くて微笑んでしまうし、心強い」と語った。

AOAは一瞬も目を離せないステージを繰り返し披露し、これまで隠れていた魅力まで爆発させた。「ふわりふわり(Like a Cat)」「GOOD LUCK」などのステージでは、AOAならではのセクシー美をアピールし、「LILY」「CHERRY POP」などのステージでは、ピュアさやキュートさを同時にアピールした。AOAはソロ活動でも優れた成績を収めているだけに、メンバーたちのソロステージも雰囲気を圧倒した。7人から1人になっても大きいステージを掌握し、それぞれの存在感を再び証明した。

まずチャンミは、アメリカのラッパーであるウィズ・カリファ、イギー・アゼリアの「Go Hard Or Go Home」を通じて鋭いラップを披露した。ヘジョンは「夢のように」「Bloom」を、ミナは「24時間じゃ足りない」を熱唱した。ソリョンはビヨンセの曲に合わせてセクシーダンスを披露し、チョアは「Don't Be Shy」、ユナはtvNドラマ「鬼」のOST「Beautiful」を歌い、歌唱力をアピールした。最後にジミンは自作曲「HEY」で、アーティストとしての一面をアピールした。

AOAは「ソロステージは新鮮ではないか? 一生懸命準備した」と話した。さらにヘジョンは「ダンスの練習中にテーブルに頭をついたりもした。でも無事に終わって良かった」と述べた。ミナは「ぐる〜っと転がって立ち上がるところがあった。セクシーに見えてほしかったが、おばさんのように見えた気がする。セクシーダンスのために水も飲まずにダイエットもした」と明かした。

さらにAOAはBIGBANG、防弾少年団などボーイズグループのヒット曲をリミックスしたステージを披露し、新鮮さを与えた。彼女たちは原曲の歌手とは違った歌唱力やキレのあるダンスで雰囲気を盛り上げた。ミナは「私、G-DRAGON先輩っぽかった?」と冗談も言ってみせた。

このようにAOAの努力は、コンサートの最中に輝いた。特にCDを飲み込んだかのようなライブや、6年目の貫禄が感じられるステージパフォーマンス、観客1人1人と目を合わせるファンサービスが最高だった。AOAは歌やキュートなVCR映像はもちろん、ファンにプレゼントまで自ら投げ、特別なコンサートに仕上げた。

観客も一丸となってAOAと一緒に歌を歌った。約3000席をぎっしり埋め尽くしたファンは、感嘆するほど大きな声を出してAOAを応援した。厚いファンダム(特定ファンの集まり) の底力を十分に感じることができた。

200分間続いたコンサートは、まるで20分かと思うほどすぐに流れてしまい、やがて最後の瞬間になるとAOAもファンも残念な気持ちを隠しきれなかった。ミナが「悲しいニュース」と言うと観客も「行かないで」と叫んだ。「LUV ME」「胸キュン」などでエンディングステージを披露したAOAは、ファンクラブELVISへの愛情を表し、初めてのコンサートを終了した。

AOA ミナ、単独コンサートでソロステージを披露…「セクシーダンスのためにダイエットした」

AOA ソリョン「ステージ上で踊っている時は無意識…覚えていない」