3月10日、11日にm.c.A・T氏主催の【2017 m.c.A・T祭「俺フェス」】が舞浜アンフィシアターで行われた。会場は元々、2005年の5月にシルク・ドゥ・ソレイユの専用劇場として誕生し、シルク・ドゥ・ソレイユシアターとして北米以外では初となる独自演目を公演してきた。しかし、2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響で、その年の12月31日をもってシルク・ドゥ・ソレイユの常設劇場は幕を閉じ、翌年9月より舞浜アンフィシアターとして生まれ変わった劇場。


そんな会場で3月10日、11日に、m.c.A・T氏主催の【2017 m.c.A・T祭「俺フェス」】が開催されたのだが、その二日目にサイコ・ル・シェイムが登場。

彼らの特徴はまさしく劇場型のパフォーマンス。バンド演奏はもちろん、奇抜な衣装にダンス、芝居&コントを交えた多彩な表現で観客を魅了していく。

この日はm.c.A・T氏にプロデュースされた楽曲を中心に展開し、「激愛メリーゴーランド」では同氏とのコラボレーションも披露するなど、この日も例に漏れず存分に持ち味を発揮し、会場を丸ごと利用してホームグラウンドのように自由自在に駆け巡る。まさしく劇団「サイコ・ル・シェイム」の真骨頂のパフォーマンスを披露して、イベントに彩りを加えた。