伊藤ゆみ、韓国でのアイドル活動はまるで“軍隊”!?ストイック過ぎる生活とは

写真拡大

Sugar出身の伊藤ゆみ(ICONIQ、イ・アユミ) が、韓国でのアイドル活動を軍隊のようだと表現した。

日本で活動している伊藤ゆみは10日、関西テレビ「怪傑えみちゃんねる」に出演し、「韓国はアイドルを育てるという点で本当にストイックだ」と話した。

番組で伊藤ゆみは、最初の1年ほどはメンバーと寮生活を送り、朝は5時起床、グラウンドを30周走った後、縄跳びしてから学校に行くという生活をしていたと伝えた。ダイエットのためだった。

伊藤ゆみは「思春期のため太りやすかったので、食べさせてもらえなかった」とし「乾パンをかじって空腹を耐えたり、家の前にギンナンの木がなっていたので、大丈夫そうなやつはフライパンで焼いて塩をかけて食べたり」と、当時の辛い生活を振り返った。

伊藤ゆみは「軍人みたいな生活」とし「恋愛も絶対にありえない。してたけど」と付け加えた。

5年間のSugarとしての活動を終え日本に戻り、歌手としての活動を始めた伊藤ゆみは、2009年に断髪し「ICONIQ」という名で登場し、注目を浴びた。現在は伊藤ゆみとして女優活動を展開している。