<ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディス 最終日◇12日◇土佐カントリークラブ(6,228ヤード ・パー72)>
「ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディス」最終日、藤崎莉歩は全美貞(韓国)にプレーオフで敗れ2位で大会を終えた。
全vs藤崎のプレーオフも!「ライブフォト」で熱戦を振り返る
周りの順位が激しく変動する中、「緊張はしてたけど集中してできた」コツコツとパーを積み重ねた藤崎。同組の大山志保も「自分のリズムで良いゴルフをしてた」と舌を巻くプレーで崩れず、12番で最初のボギーを叩いても、あくまで冷静だった。
耐えて耐えて一気に爆発したのは15番。6mを沈めてこの日最初のバーディを奪うと、16番でも4m、さらに17番では10m以上離れたカラーから「ラインは分かっていたので距離を合わせに行きました」というバーディパットが直接入り、一気に首位に浮上。さらに18番でも1.5mの際どいパーパットを沈めてプレーオフへと持ち込んだ。
そのプレーオフでも「緊張はそれなりにしてましたけど、ジュニア時代からプレーオフは初めてだったのでワクワクの方が強かった」。だが1ホール目、藤崎がパーオンできずアプローチで寄せる中、全が7mをねじ込み勝負あり。「もう少しやりたかったな」という願いもむなしく早々に敗れた。
それでもクラブハウスに引き上げてくる顔は笑っていた。「頑張った方だったと思います。プレーオフまで行けて上出来です。とりあえず目の前のことに集中してできて良かった」。これで目標の1つに掲げていたトップ10入りも早くも達成。「1つクリアできてよかった。次はシード選手となれるように頑張りたい」と上方修正した。
「優勝争いで得たものや課題はまだ整理できてないですね…。でも、今日はボードを一切見ずに集中してやったのが1つ良かったことだと思います。順位を知ってたら18番のパーパットなんて打てなかった(笑)来週以降も今日できたことを継続してやっていきたい」と話すと、25歳の新鋭はあどけない笑顔を見せながら高知の地を後にした。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

全美貞、奇跡の一打で25勝目!生涯獲得賞金は10億円を突破
上田桃子、トップ10でフィニッシュも「悔しさ半分、手応え半分」
「難しい1週間」昨年覇者イ・ボミは最後まで苦しみ27位
最新のギア情報とイベント情報をまとめてお届け
人気プロの写真がもっと見たい方は、「写真館」をチェック!