Jリーグ8例目となるGKゴールを決めたGK佐藤昭大

写真拡大

[3.12 J2第3節 熊本1-1山形 えがおS]

 ロアッソ熊本はGK佐藤昭大が後半アディショナルタイムにCKを頭で合わせた得点で、1-1のドローに持ち込んだ。GKによるゴールは非常に珍しく、25年目を迎えたJリーグでも8例目の出来事だった。

 過去を振り返ると、自陣からのFKで蹴ったロングシュートがそのままゴールに吸い込まれるといった記録が目立つが、やはり鮮烈なのは記憶にも新しい、2014年のJ1昇格プレーオフの後半アディショナルタイムに決まったGK山岸範宏(当時山形)がCKを頭で合わせた決勝点だろう。このゴールで勢いづいた山形は、そのまま決勝でも勝利し、J1昇格を果たした。

1996.11.9 田北雄気(浦和) J第30節横浜F戦 後半34分(PK)

1999.4.7 松永成立(京都) ナビスコ杯1回戦第1戦山形戦 後半35分

2004.7.10 菅野孝憲(横浜FC) J2第22節鳥栖戦 後半1分(FK)

2006.7.12 高木義成(東京V) J2第27節仙台戦 後半19分(FK)

2013.11.10 村山智彦(松本) J2第40節山形戦 前半18分(FK)

2014.6.15 土井康平(盛岡) J3第16節長野戦 前半44分(FK)

2014.11.30 山岸範宏(山形) J1昇格PO準決勝磐田戦 後半AT2分

2017.3.12 佐藤昭大(熊本) J2第3節山形戦 後半AT2分

 佐藤のゴールも山岸が奪ったゴール同様、CKから生まれたものだった。相手が山形ということもあり、記憶を呼び起こした方も多いのではないだろうか。「夢中で飛び込んだだけ」「プロになってから1点は取りたいなって冗談半分で思っていた」と興奮気味に振り返った佐藤のゴールは、熊本を勢いづかせることは出来るか。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J2]第3節2日目 スコア速報