徳島が渡大生の2発で鮮やか逆転…長崎は田上と田代の2人が退場に

写真拡大

 2017明治安田生命J2リーグ第3節が12日に行われ、徳島ヴォルティスとV・ファーレン長崎が対戦した。

 長崎は41分、後方からのボールに反応した幸野志有人が相手DFをかわし、最後は足を伸ばしてゴール。先制に成功する。1点を追う徳島は渡大生が57分にヘディングを叩きこんで同点とした。さらに61分、徳島はゴール前で直接FKを得ると馬渡和彰のシュートを渡が頭でそらして決め、スコアをひっくり返す。試合終了間際には途中出場の島屋八徳が決定的な3点目を挙げた徳島が、3−1で鮮やかな逆転勝利を収めた。長崎は今季初黒星。田上大地と田代真一が退場するなど、痛い敗戦となった。

 次節、18日に徳島はアウェイで大分トリニータと、長崎はホームでツエーゲン金沢と対戦する。

【スコア】
徳島ヴォルティス 3−1 V・ファーレン長崎

【得点者】
0−1 41分 幸野志有人(V・ファーレン長崎)
1−1 57分 渡大生(徳島ヴォルティス)
2−1 61分 渡大生(徳島ヴォルティス)
3−1 90+1分 島屋八徳(徳島ヴォルティス)