JYJ ジェジュン、2年7ヶ月ぶりの香港コンサートを盛況裏に終了…広東語で挨拶「愛しています」

写真拡大 (全4枚)

香港入国、記者会見、そして公演まで。2年7ヶ月ぶりに香港を訪れたJYJ ジェジュンに向けた香港現地メディアとファンの熱気はまさに爆発的だった。

10日、ジェジュンの入国のニュースを聞いたファンとメディアは、香港国際空港に集結した。ジェジュンが登場するずっと前から空港の入国ロビーには、ジェジュンの歌「守ってあげる」が響き渡り、ジェジュンが登場すると空港ロビーは歓声に満ち、ジェジュンは空港でファンの熱い歓迎を一身に受けた。

昨日(11日) 午後、公演に先立って行われた記者会見でもこの熱気が続いた。「東方日報」「明報」「成都日報」など、香港の有名な日刊紙をはじめ、オンラインメディア「SOHU」、有名動画サイト「Tudou」、音楽専門サイト「音台」など、香港現地の約40のメディアが、ジェジュンの香港訪問のニュースのため記者会見に集まり、ジェジュンのアジアツアーのニュースや除隊後の近況を報道するなど関心を示した。

ジェジュンは記者会見を通じて「中華圏ツアーのスタートが香港です。2年7ヶ月前に僕が感じた香港は、他のどの地域よりも情熱に満ちていましたが、今日もそうして頂けるか楽しみです」「除隊後すぐに続けたアジアツアーに送ってくださったファンの関心と愛情に感謝しています。その心に応えられるよう、もっと素敵な舞台を披露したいと思います」と、ファンに向かって感謝の気持ちを伝えた。

20時、香港アジアワールドエキスポは5000人の香港ファンでいっぱいだった。「One Kiss」でオープニングを知らせたジェジュンは「こんにちは、ジェジュンです」と広東語であいさつし、ファンは歓声で歓迎した。続いて、「2年7ヶ月ぶりに香港に戻ってきました。皆さん、元気に過ごしていましたか? 皆さんも嬉しいですか? 嬉しい分、もう一回大声を上げてください」「香港で皆さんの声を聞いたら気持ち良くなりました」と伝え、ファンを微笑ませた。

ジェジュンは「これまでツアーで着たレザージャケットをカラー別に全部持って来ました。今日皆さんの歓声を最も多く受けた服を着て歌を歌います」と言うと、ファンは口を揃えて、レッドカラーのレザージャケットを選んだ。ジェジュンは、ファンが選んだ衣装を着て「Luvholic」と「Kiss B」など早いテンポのパフォーマンス曲を続けて披露し、雰囲気を盛り上げた。

ジェジュンは広東語で「皆さん楽しいですか?」と反応を聞き、「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えた。また「一緒にしてください」とファンを煽り、「愛しています」と告白するなど、短いが事前に準備してきた広東語を披露し、久しぶりに会った香港のファンとコミュニケーションしようと努力した。ファンもこのようなジェジュンの心がありがたく、ジェジュンの一言一言に惜しみなく歓呼した。

アンコール曲「Good morning night」のステージが終わると、ファンは「ジェジュン」と叫び始め、ジェジュンはファンと共にアンコールのサビを9度も繰り返すなど、香港を熱くした。「Love you more」「守ってあげる」などのステージを最後に、香港での公演を終えたジェジュンは「皆さんの歓声と比べると、この会場はとても小さいような気がします。本当に久しぶりの公演でしたが、多くの方々にお越しいただいて幸せでした。今日を忘れられない瞬間として記憶し、次回はもっと楽しく会いましょう。また会いましょう!」と感想を伝え、ファンは「愛している」という歓声で会場を染めた。

香港の5000人のファンと熱い再会を果たしたジェジュンは、18日タイのフアマーク室内体育館でその熱気を継続していく予定だ。

JYJ ジェジュン、2年7ヶ月ぶりの香港公演を皮切りに中華圏ツアーを開催