先発フル出場を果たしたFC東京U-23のMF久保建英

写真拡大

[3.12 J3第1節 F東23 0-2 富山 夢の島]

 J3リーグは12日に第1節2日目を開催し、江東区夢の島競技場ではFC東京U-23とカターレ富山が対戦。前半39分にDF代健司のゴールで先制した富山が、後半25分にMF衛藤裕の得点でリードを広げると、F東23の反撃を許さずに2-0の完封勝利を収めて白星スタートを切った。

 F東23はU-18に所属するMF久保建英、MF平川怜、MF小林真鷹、MF小林幹、DF岡庭愁人らの他、今季法政大からFC東京に加入したDF山田将之、U-18からトップチーム昇格を果たしたGK波多野豪、MF鈴木喜丈らを先発起用。一方の富山は新加入となるDF山形辰徳、DF佐々木一輝、MF佐々木陽次らがスターティングメンバーに名を連ねた。

 序盤はアウェーの富山がフィニッシュまで持ち込む場面を作り出す。だが、前半3分に佐々木陽がミドルレンジから放ったシュートは波多野の守備範囲に飛び、同14分にMF西室隆規が蹴り出したFKの流れから山形が合わせたジャンピングボレーは枠を捉え切れなかった。

 一方のF東23はなかなかシュートまで持ち込めず、同20分には久保のスルーパスからFWネイサン・バーンズがPA内に進入するも、相手選手の素早い寄せに遭って好機を逸してしまう。さらに同26分には、DF小川諒也が蹴り出したCKのこぼれ球に反応した久保がPA外から左足のミドルで狙うも、ボールはゴール右へと外れた。すると同39分に富山がFKを得ると、西室がゴール前に送ったボールに走り込んだDF代健司が豪快にヘディングで叩き込み、スコアを1-0とした。

 1-0と富山がリードしたまま後半を迎えると、両チームともに相手の粘り強い対応に遭ってなかなか好機を生み出せず。同13分には久保のスルーパスからバーンズが抜け出したものの、これはオフサイドの判定に。一方の富山は同18分に西室のクロスをFW萱沼優聖がヘディングで合わせたが、ボールは枠上に外れてしまった。

 しかし、後半25分に山形が右サイドから送ったクロスをMF衛藤裕がヘディングシュートで突き刺し、富山がリードを2点差に広げる。その後もF東23の攻撃をはね返し続けた富山が、2-0の完封勝利を収めた。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J3]第1節2日目 スコア速報