讃岐、終了間際のゴールでドローに持ち込む…愛媛は一時逆転も逃げ切れず

写真拡大

 2017明治安田生命J2リーグ第3節が12日に行われ、カマタマーレ讃岐と愛媛FCが対戦した。

 試合は20分に木島徹也のゴールで讃岐が先制したが、後半立ち上がりの53分に神田夢実が決めて愛媛が追いつくと、4分後には西田剛が逆転ゴールを奪った。しかし、このまま愛媛の1点リードで迎えた後半アディショナル1分、李栄直のゴールで讃岐が試合を振り出しに戻した。結局このままタイムアップを迎え、両者が勝ち点1を分け合うこととなった。

 次節、讃岐は19日に敵地でモンテディオ山形と、愛媛は同日にホームで湘南ベルマーレと対戦する。

【スコア】
カマタマーレ讃岐 2−2 愛媛FC

【得点者】
1−0 20分 木島徹也(讃岐)
1−1 53分 神田夢実(愛媛)
1−2 57分 西田剛(愛媛)
2−2 90+1分 李栄直(讃岐)