ホステスが語る、ホワイトデーのお返しの本気度…値段より〇〇の差が大事!

写真拡大

【現役ホステスが語る男ゴコロの裏事情67】



もうすぐホワイトデー!
バレンタインデーに、気になる人に思いきって本命チョコを渡した女子もいるでしょう。あれから1ヶ月経ちましたね。

彼があなたのことをどう思っているかは、ホワイトデーのお返しでわかるんです。
夜はホステスとして働く筆者が、贈り物から男子の本気度を見抜く方法をお伝えします。

◆本気度が一番低いお返しは?


最も気持ちがないのは、当然ですが「お返しがない」パターンです。どんな男性だって、バレンタインに気になる女子から何かもらったら、ホワイトデーのお返しはするはず。

それがないということは、残念ですが、あなたに興味がないってこと。バレンタインに渡したものが義理だと思われている可能性も。

◆みんなと同じ、も義理


次に義理率が高いのは「他の子と同じものをもらった」場合です。ハンカチだろうが、クッキーだろうが、高級スイーツだろうが、他の子と全く同じものだったら、残念ながらあなたは特別な存在ではないでしょう。

女子が本命男子には特別感のあるものを渡すのと同じで、男子も本命女子へのお返しは他の子と違うものを渡したりするのです。

筆者は昔、好きな人からホワイトデーに高級なブランドのハンカチをもらったことがあります。
「もしや私は本命!?」と喜んだのもつかの間、他の子にも配ってました…。ぬか喜びです…。

金銭的に余裕のある男子は女子が「高級だし、本命かも!?」と期待してしまうものをお返しにくれたりします。
だから、ものの値段はあまり気にしないで。他の子とどれくらい差があるかのほうが重要です。

◆これは本命率が高い


仮に他の子と同じものを渡されても、あなただけにプラスで何か別のものをくれた場合は本命度は高いです。
例えば素敵なペンとか、日頃使えるかわいいポーチとか、手書きのメッセージカードとか。

会社や学校という場だから、明らさまに特別なものを渡せない、ということだってあり得ます。
なので、メインのお返しはみんなと同じで、あなただけにプラスアルファがある、というパターンなら、本命度はかなり高いでしょう。

◆呼び出し、お誘いは高確率で本命


ホワイトデー前や当日に彼から呼び出されてこっそり渡される、または「今度食事しない?」「映画観に行かない?」などと誘われる場合は、高確率で本命と思っていいです。

ホワイトデーにそこまで手間をかけるのは、本命相手でないと無理。つまり、ホワイトデーに一対一という状況を作ってくれるのなら、高確率で本命ってこと。

◆たまにこんなツワモノもいる


筆者の知り合いのとあるチャラ男は、ホワイトデーに一人一人違うものをプレゼントするツワモノです。

それぞれの好きなモノを事前にリサーチして(ディズニー好きなAちゃんはディズニーのグッズ、美容オタクのBちゃんは美容グッズなど)、その子に合ったものを渡すので、女子はみんな勘違いしてしまうという…。

でも、彼いわく「勘違いさせようとしているのではなく、ただ相手に喜んでほしいだけ」とのこと。一人一人のためにプレゼントを選ぶのが楽しいんだとか。

これをやられると「私の好みに合わせてプレゼントを選んでくれた!」「他の子とは違うものをくれた!」と、その気になっちゃう女子もいるんですよね。
中にはこんなふうに、義理でもめっちゃ手間暇かける男子もいるので要注意…。

◆終わりに


というわけで、ホワイトデー間近ですが。気になる彼はあなたに何を渡してくれるでしょうね?
素敵な時間をお過ごしください!

ライタープロフィール


美佳
コーヒーとスイーツをこよなく愛する東京在住のフリーライター。あちこちの媒体で執筆中。
昼間はカフェ等で記事をかきかき。夜はドレスを着用し ばっちりメイク顔で酒をかっくらってるホステス。
そんな20代後半の私です。