厳しい表情で試合を見つめる風間監督。チームマネジメントの苦労を感じさせた。写真:徳原隆元

写真拡大

[J2リーグ 3節]千葉 2-0 名古屋/3月11日/フクアリ

【千葉2-0名古屋 PHOTO】
 
 0-2で千葉に敗れ、今季初黒星を喫した試合後、会見場に現われた風間監督は静かにチームのパフォーマンスを振り返った。
 
「今日は自信を持ってプレーする選手がほとんど見られなかった。自分たちは自信を持って戦わなくてはいけない。今日は残念ながらそれが見られなかった。それがすべてです」
 
 千葉戦には、苦戦を強いられた前節の岐阜戦での修正を施して臨んだはずだったが、序盤から相手の勢いに押され、最後まで挽回できなかった。最終ラインを高く設定する千葉の裏を狙ったが、「簡単に背後を取れると思っていたが、ボールを動かしながら相手を見るということはまだまだ足りなかった」とも指揮官は話す。
 
 さらに「あれだけミスをすると(思い通りのパス回しは)できない」と嘆き節も訊かれた。
 
 選手たちはなぜ、自信を失ったかのようなプレーに終始してしまったのか。その疑問をぶつけると、独特の言い回しでこう答える。
 
「自信は根拠がないと持てません。それ(根拠になるもの)はなにかと言えば、技術です。ただ、“戦うという技術”を選手たちはまだはき違えていると感じます。戦うために我々は技術をつけるんです。自分たちが相手を自由に扱うために毎日のトレーニングをしているんです。そこがまだ一致していないなと」
 
 記者席から千葉戦を観ていて残念だったのは、選手たちから「こうプレーをしたい」という能動的な意思が感じられた場面が少なかったことだ。それがいわゆる「自信を持てず」縮こまったプレーにつながったということか。
 
 風間監督のもと、チーム作りは始まったばかりだが、今後も一筋縄ではいかなそうだ。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)