クァク・ドンヨン、パク・ボゴムのファンミーティングに登場…“ドラマ「雲が描いた月明かり」の縁”

写真拡大

俳優パク・ボゴムとクァク・ドンヨンが再会した。

パク・ボゴムは11日、ソウル慶熙(キョンヒ) 大学平和の殿堂でファンミーティングを行った。

同日のサプライズゲストとして、パク・ボゴムの親友でもあるクァク・ドンヨンが登場した。クァク・ドンヨンとパク・ボゴムはペアルックのTシャツ姿でファンを喜ばせた。

2人はKBS 2TV「雲が描いた月明かり」で王と護衛武士のキム・ビョンヨンとして共演し、ブロマンス(男同士の友情) のケミストリー(相手との相性) を届けた。2人は年末の授賞式でベストカップル賞も狙っていた。

パク・ボゴムはファンミーティングを控え「もし君が午後4時に来るなら僕は3時から幸せになりはじめるだろう」という優しいコメントを伝え、ファンをときめかせた。優しくロマンチックなパク・ボゴムが“ファンバカ”ぶりをアピールした。