シンクは何かと物がつまりやすいですが、思わぬものがつまったと助けを求めている人がいました。

なんと「まな板」だと言うのです。

 

I got the chopping board stuck in the sink at work


わわっ!

1ミリの隙間もないほどガッチリとハマっています。

むしろ気持ちがいいほどサイズがぴったり!

感心している場合ではありませんが、指すら入らないので引き揚げ作業は難航しそうです。

海外掲示板には、職場のシンクで起きたトラブルだと嘆く投稿者に、さまざまなアドバイスが寄せられていました。

●グレーに色を塗って、素知らぬ顔をしよう。

↑赤いまな板だとバレるけど、グレーに塗れば大丈夫だね。

↑ただし水は流すのではなく、貯めるものになるが。

↑これでどうだ。
[画像を見る]

↑それに穴を開けたら、もう誰もそこにあると気付かないよ。

↑穴を開けたら、まな板を取り除けるだろう。

↑そこをあえてみんなを出し抜き、解決しないのがいい。

●普通に排水用のプランジャーを使えばいいよ。

●長いダクトテープを表面に張り付けて、くっついていない片側を持ってゆっくりと引っ張る。ダクトテープは何でも解決するんだ。

↑角から角まで貼りつけて真ん中をハンドルみたいにするんだ。

↑なんて秀逸なアイデアなんだ。

↑その方法は不衛生なプランジャーを使うよりも良いね。

●今後まな板を買うときには、キッチンストアにシンクを持っていったほうがいいよ。

●多分ナイフでいけるだろう。

●コートハンガーの先をフックにして、アグレッシブにコーナーを狙う。

●これは「変に満足感がある」スレッドと「マイルドに怒りを覚える」スレッドの両方にふさわしいテーマだ。

●家を逆さまにしたら、すぐに解決。

●シンクに水を貯めれば、うまくいけば浮いてくる。最悪のケースは排水パイプを外して、下からつつく。


いくつも解決法が提示されていましたが、ダクトテープが高い支持率を得ていました。

それにしても、派手な色のまな板があるものですね。

【「助けて、シンクに『まな板』がつまってしまった!」むしろ感心してしまうトラブルの写真】を全て見る