熊本、終了間際にGK佐藤昭大が劇的同点弾! 山形とドローに持ち込み無敗キープ

写真拡大

 2017明治安田生命J2リーグ第3節が12日に行われ、ロアッソ熊本モンテディオ山形が対戦した。

 試合が動いたのは30分。右CKに瀬沼優司が合わせて、アウェイの山形が先制した。その後は得点が生まれず終盤に差し掛かったが、後半アディショナル2分に熊本が追いつく。右CKを得ると、攻撃に参加したGK佐藤昭大がニアサイドで合わせ、土壇場で同点ゴールを奪った。

 試合はこのままタイムアップを迎え、1−1のドローに終わった。熊本は前節に続いて終盤の得点で追い付き、無敗をキープ。一方の山形も、勝利を逃したものの3戦無敗となっている。

 次節、熊本は19日に敵地でアビスパ福岡と、山形は同日にホームでカマタマーレ讃岐と対戦する。

【スコア】
ロアッソ熊本 1−1 モンテディオ山形

【得点者】
0−1 30分 瀬沼優司(山形)
1−1 90+2分 佐藤昭大(熊本)