全国人民代表大会代表を務める北京首旅集団の段強・董事長は9日、「北京市通州区に建設中のユニバーサルスタジオ北京は、世界最大規模となる。2020年オープンの予定だ」と紹介した。

写真拡大

全国人民代表大会代表を務める北京首旅集団の段強・董事長は9日、「北京市通州区に建設中のユニバーサルスタジオ北京は、世界最大規模となる。米オーランドのユニバーサルスタジオにはないアトラクションも設けられる。花火やパレードなど、中国のビジュアルテイストが盛り込まれたアトラクションやショーは全体の35%を占める。ユニバーサルスタジオ北京は、2020年オープンの予定だ」と紹介した。北京青年報が伝えた。

段董事長の談話内容は次の通り。

〇米オーランドにはないアトラクション

ユニバ―サル北京の具体的なアトラクションの内容については、今後、中国・米国双方が共同で発表する。中国テイストをふんだんに盛り込むことが検討されているが、具体案についてはまだ確定していない。現在、米オーランドのユニバーサルスタジオが世界で最大規模と最新アトラクションを備えているが、ユニバーサル北京は、規模から内容の充実度までいずれもがオーランドを上回り、世界最大のユニバーサルスタジオになる。また、オーランドにはないアトラクションも設けられる。

第1期工事で建設されるアトラクションは、主に既存の海外パークのアトラクションを導入する。また、第1期工事で建設されるパーク全体のうち、花火やパレードなどのビジュアル要素は、初期計画では中国テイストの比率が35%に達する見込みだ。

〇第1期工事従業員、1万人を雇用

建設計画によると、全体を三期に分けており、各期の工事では軒並み、1つのパークと付設ホテルが建設される。第1期工事で建設されるホテルは2軒で、主にファミリー向けの客室が計1200室から1400室設けられる。だが、今後、リゾート全体のホテル数はさらに増える見込み。このうち1軒は超5つ星ホテルだが、ほとんどがリーズナブルな3つ星・4つ星ホテルとなる。テーマパーク入場料は400元から500元。

ユニバーサルスタジオの従業員は一般募集により採用される。第1期工事では約1万人が必要となる。工事では、あらゆるアミューズメント施設の地下に大型地下室が建設され、地上設備すべてが地下室に備え付けられるコンピューターで制御される。全てのライド系アトラクションの運行過程もコンピューターで監視される。このような管理システムを機能させるためには、多くの専門スタッフが必要となる。たとえばオーランドのユニバーサルスタジオでは、地下室で働く従業員だけでも1500人おり、このほかに来園者へのサービススタッフがいる。いずれも従業員研修が必須となる。

今後の計画によると、2019年下半期にスタッフ募集をスタートする。同テーマパークは初期段階で、年間受入れ可能来園者数を1200万人と見込みでおり、駐車場は1万台が収容可能としている。地下鉄に関しては、7号線が東に延び、八通線が南に延びて、これら2路線が同テーマパークに乗り入れる。(提供/人民網日本語版・編集/KM)