湘南vs金沢&熊本vs山形はドロー、大分はホーム開幕戦白星《J2》

写真拡大

▽明治安田生命J2リーグ第3節が12日に各地で行われた。

◆ツエーゲン金沢vs湘南ベルマーレ

▽石川県西部緑地公園陸上競技場で行われたツエーゲン金沢vs湘南ベルマーレは、ゴールレスドローに終わった。序盤からアグレッシブな入りを見せたい湘南だったが、初勝利を狙う金沢もボールを持てば積極的にシュート。一進一退の攻防戦が繰り広げられたが、最後までネットを揺らせず、痛み分けに終わった。

◆ロアッソ熊本vsモンテディオ山形
(C)CWS Brains,LTD.
▽えがお健康スタジアムで行われたロアッソ熊本vsモンテディオ山形は、1-1で引き分けた。開幕から1勝1分けで並ぶ両者の一戦は30分、瀬沼の今シーズン2ゴール目となる一発で山形が先制する。しかし、長いこう着状態を経て、熊本が後半アディショナル2分に右CKから前線に上がっていたGK佐藤が起死回生の同点弾。勝ち点1ずつを分け合う結果に終わっている。

◆大分トリニータvsレノファ山口FC
(C)CWS Brains,LTD.
▽大分銀行ドームで行われた大分トリニータvsレノファ山口FCは、2-0で大分が勝利。開幕から1勝1敗の大分と1分け1敗の山口が激突した。試合は前半終了間際の45分に後藤のゴールで先制した大分は、73分に伊佐が追加点。その後、2点のリードを最後まで守り抜いた大分が2試合ぶりの白星を手にし、ホーム開幕戦を白星で飾った。