長友のココナッツオイルが登場(写真は2016年12月撮影)

写真拡大

サッカーのイタリア1部リーグ「セリエA」・インテルに所属する長友佑都選手が代表取締役社長兼CEOを務めるCuore(神奈川県横浜市)は2017年3月9日、食事事業の一環として「Cuore MCTオイル」の発売を同社のオンラインショップで開始したと発表した。

同社プレスリリースによると、MCTとは「Medium Chain Triglyceride」の略称で、「中鎖脂肪酸」のこと。ココナッツやパームフルーツといったヤシの科の植物の種子に含まれる成分で、脂肪酸をエネルギーとして活用できる「ケトン体」の生成を促進させ、体脂肪を燃焼し、ボディメークやシェイプアップに役立つとしている。

MCTオイルはココナッツから中鎖脂肪酸(C8・C10)の成分のみを抽出したオイル。大量に摂取すると腹痛などの症状が出る可能性があるためオイルだけをとるのは控え、豆乳やカフェラテなどと合わせ、1日30グラムまでの量を数回に分けて摂取するのが推奨されるという。

商品ラインアップは360グラム(ボトル入り)、165グラム(ボトル入り)、7グラム×10袋の個包装タイプの3種類で、価格はそれぞれ2380円、1400円、970円(すべて税抜き)。