待望のホンダ新型シビックタイプR! エンジンもパワーアップを果たす

写真拡大 (全8枚)

パワーは10馬力アップだがそれ以上に扱いやすさが増した

昨年9月にフランスで開催されたパリモーターショーでプロトタイプがお披露目されて以降、アメリカのSEMAショー/LAショー、そして日本の東京オートサロンでティザー活動を行なってきた新型シビックタイプRのプロダクションモデルが、今回のジュネーブショー2017で世界初公開された。

ベースとなるのは世界統一モデルとして開発された10代目。ワイド&ローのフォルムにより過激なデザインとなったエアロパーツで武装されたエクステリアは、先代タイプR(FK2)と比べても空力的に有利だと思う。フェンダーはより拡幅され、FK2よりも1サイズアップされた245/30ZR20のコンチネンタル・コンチスポーツコンタクト6を履く。

インテリアは専用のステアリング&シフトノブ、メーター、シートなどで差別化されるのはFK2同様だが、電動パーキングブレーキやアダプティブクルーズコントロール、3モード(コンフォート/スポーツ/+R)になったモード切り替えスイッチなど、現在のトレンドに則ったアイテムなどもシッカリと盛り込まれている。

パワートレインは2リッター直噴VTECターボ(K20C)を継続採用。制御系や吸排気系のアップデートにより310馬力/400N・mから320馬力/400N・mに進化。数値的には10馬力アップではあるものの、過渡領域ではターボラグが少なくリニアな特性となっているので、速い上に乗りやすさもアップしているそうだ。

トランスミッションは今回の6速MTのみ。3ペダルMTにこだわりつつも、ドライビングミスを減らすアイテムとして変速時にエンジン回転を自動調整する「レブマッチシステム」がプラスされている。

今回は限定販売でなくカタログモデルとして日本で展開

シャーシは重量配分の適正化や重心の低減、更にはロングホイールベース化、フロント:ストラット、リヤ:マルチリンク式サスペンションの採用など、ベースの素性が大幅にアップされたグローバルプラットフォームがベース。

今回のモデルは従来のタイプRと異なる、ノーマルの開発時からタイプRを想定したクルマ作りを行っているため、タイプRに仕立てるにあたり、ボディ補強などは必要最小限で済んでいるそうだ。とは言え、サスペンションなどは専用で、更に進化したZF-SACHS製「アダプティブ・ダンパー・システム」も採用。当然、止まる性能も抜かりはなく、ブレンボ製ブレーキを継続採用。

気になるのはニュルブルクリンクのタイムがどれだけ更新されているかだが、今回はお預け……。正式発売時に公開されるようだ。ちなみに現在のニュルFF最速記録はVWゴルフGTIクラブスポーツSの7分47秒1。ただ、車両の進化を考えると「ちょっといい」ではなく「ブッチギリ」のタイムを刻んでほしいところだ。

生産はFK2と同じくイギリスの「ホンダ・オブ・ユーケー」で、2017年夏より欧州・日本・北米を含む世界各国で発売を開始。ちなみに日本向けはFK2のように限定発売ではなく通常のカタログモデルとして発売されるので安心してほしい。価格は未定だが現行モデルから若干アップする程度だと予測する。